タグ別アーカイブ: 入門自宅学習

新コース:平日午後3.5時間×6回+予習教材で35時間の学習時間獲得!

野村です。お世話になります。新しいコース「PMP®試験対策6 3.5時間×6日版」を作りました。従来の入門自宅試験対策3日間をベースに+αしました。従来のコンテンツに、さらに合格を確実にするための、運営の工夫とノウハウを埋め込んだ、コースです。

いつかやってみよう、と、ずっと考えていました。ちゃんと予習しつつ、3.5時間ずつ、6回早稲田に通い、宿題も少々、なおかつ35時間を獲得できるコースです。合格パッケージを前提としていますので、完成編弱点発見も受講できます。

9月から、既存コンテンツをフルに活用しつつ、毎週火曜日午後に開催してみようと思います。まずは、やってみましょう。

このコースを作るにあたり、いくつかの仮説を準備し、何人かの人に意見を貰い、検証を行いました。また、今後、少しずつ、改善していこうと考えています。本コースについて、是非、ご意見ください。

メルマガには書きましたが、実はこのコース様々なメリットがあります。

メリット

  • 貴重な土日を潰さずに済む
    •  通常の試験対策は土日に開催しています。この資格を目指す人は多くの場合、家庭も抱えているはずで、家族の犠牲の上で資格を取るというのは、なかなか残酷なものがあります。なるべく土日は休むべきではないか?ということも、このコースの根本的なニーズの一つです。
  • 勤務時間内におさまる?
    • 半分くらいの人が、会社のために、この資格を取ります。であるならば、受験に必要な35時間も、勤務時間であるべきです。ならば、講義も、勤務時間におさまるようにしたい、と、考えています。
  • 午前中は仕事ができる
    • この資格を取る人は、ちゃんと余裕時間を管理できる立派なマネジャーであっても、それなりに忙しいはずです。多くの普通のマネジャーであれば、さらに時間に追われているでしょう。午前は色々な用事をこなして、午後から早稲田に来ていただく。そして、終わっても、まだ各方面に電話やメールで連絡ができるよう、さっさと終わらせようと思っています(拘束時間は概ね4時間を予定しています)。
  • 予習ができる
    • そもそも予習は、受講時のパフォーマンスを高めるために、必ず行うべきです(従来でも、ガイドの通読はお願いしています)。
    • 毎回、3.5時間しか講義を行いません。3.5時間に備えた予習であれば、誰でも取り組めると思います。連続3日21時間分の予習は、慣れていないと、なかなか難しいでしょう。
  • 記憶に残りやすい
    • 講義時間はたったの3.5時間です。途中に休憩も入ります。この仕組みで、記憶に残りやすくなります。連続で丸一日だと、朝やったことを、夕方には殆ど忘れてしまっています。
  • 復習し易い
    • 3.5時間分の復習は、楽です。翌週までに、毎日少しずつでも、復習とを行うと、短期記憶から長期記憶への変換ができます。
  • 学習のリズムが作れる
    • 毎週火曜は早稲田に行く、それだけでも、リズムが生まれます。3日連続受講だと、「終わった!」という気持ちにはなりますが、さあ、次の完成編まで復習しよう、と、ならない人が多いのが実情です。定期的な習い事と同じように、リズムによって、ちょっとずつでも学習しよう、復習しよう、という、意欲が湧いてきます。夏休みの宿題を溜めて、まとめてやっていたタイプの人には、是非検討して欲しいコースです。

デメリット

  • 6回通うのは時間とコストがかかる
    • 大変申し訳ないのですが、地方の方は事実上参加できないと思います。
  • 緊急事態などで欠席すると、その一コマはしばらく先になる
    • 土日ではないため、平日の割り込みの電話がかかってくる可能性は高く、また、事件によっては、すぐに会社に戻らなければならないかもしれません。参加出来ない一コマは、次回か、あるいは、補講によって、なんとかすることになります。初回は予備日を設けてみました。

さて、従来の試験対策も、今回の開催では、3.5時間の刻みを意識して、進めてみようと思います。従来の3日間の試験対策受講者も、こちらの6日間講座に参加頂くことができます。逆に、こちらの講座の受講者も、3日間の試験対策に参加できます。ある特定の日、特定のコマだけ、というのももちろんアリです。

弊社の従来の3日間のコースを受講された方は、おそらく、私の言っている意味がなんとなくわかると思います。元々、弊社の3日間の試験対策コースが、予習を前提とし、濃すぎる上に、長時間過ぎたのです(これまで出題されたことは全部説明する、というポリシーが、そもそも無理があったとも言える)。一端、少しそぎ落として、かつ、予習・復習を増やすことで、効率を高めよう、という方向性です。

これまでの、超集中3日と2日、だけでなく、約二ヶ月、淡々と学習を進め、合格する、というように、合格までの経路を増やしたいと思います。

皆様の参加をお待ちしています!

■第六版試験の日本語■参考書&問題集を紹介しています■編集後記:火曜の午後3.5時間×6日で21時間

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20180809
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■第六版試験の日本語
■参考書&問題集を紹介しています
■編集後記:火曜の午後3.5時間×6日で21時間
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。東京は暑かったり台風が来たりと、日々、目まぐるしく天気が変わっています。体調の調整がなかなか大変です。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMBOK(R)ガイド第6版日本語版在庫僅少】
http://www.meridionalis.com/misc/guide6.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第六版試験の日本語
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回に続き、第六版試験の話です。
PMP(R)試験は、元々、英語で問題が作られています。歴史的には数多くの「奇妙な翻訳問題」が報告されています。古い話からいくつか例を挙げてみましょう。
かつて、こんな日本語が出題されたことがあります。

・うねり
・株式保有比率
・固定要素成果物

・・・と、ここまでの奇妙な翻訳は、もう、出題されないはずです。
さて、現在の試験は、以前に比べると、かなり良くなっていますが、一方で、「実際の試験の日本語は、なんとなく、ガイドとは違う気がする」という意見もあります。
この話、もう少し突っ込んでみたところ、「(ガイドでは非常にメジャーな統合変更管理に関連した)XXXXXXという言葉は全く出なかった」という話も聞こえてきました。

確かに、私が受験した15年前も、(ガイドではメジャーな)「成果物」という言葉は全く出てきませんでした。ここで、2つの事が考えられます。

1)PMP(R)試験の日本語翻訳者は、ガイド翻訳者と同じ辞書は使っていない
2)そもそも、英語のレベルから、言い換えが行われている

どちらも、これまでのPMP(R)試験では、良く言われていた事です。対応策はシンプルです。
1)については、「英語の問題を確認する」こと、2)については、「言い換えられても大丈夫なように、言葉の意味をきちんと理解しておくこと」です。2)は、じっくり学習する以外に方法は無く、また、非常に本質的な事でもあり、手を抜きたい人はあまりいないと思います。問題は、1)です。

英語の問題を確認することに、心理的な抵抗を感じる人がいます。英語は嫌いだ!という人です。対策としては、
・ガイド日本語版の用語集に併記されている英語は読んでおく
・できれば、ガイド日本語版を読む時に、怪しいと思ったところは、英語版も読む
というようなことが挙げられます。特に、現在のガイドの翻訳は、一部誤訳があったり、同じ単語が違う日本語になっていたり、翻訳と編集に揺らぎがあるように感じます。是非、英語版ガイドも読むようにしてください。
また、可能なら、世界一わかりやすいプロジェクトマネジメントの英語版も読んでみましょう。

★関連したブログはこちら
「PMBOK(R)ガイド英語版を併用する理由」
https://wp.me/p4DCBk-iz

■参考書&問題集を紹介しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回もお伝えしていますが、第六版対応の問題集や、参考書の紹介ページがあります。パーフェクトマスターも出て、一通り揃った感じです。

これまでに数冊の参考書&問題集が出版されています。
https://smc-ls.jp/2018/07/第六版時代のpmpr受験に必要な本/
↑こちらにまとめていきますが、まだまだ、内容が薄いですね。少々お待ち下さい。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第六版対応】
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/prep/prep6.html
★PMP(R)試験対策 完成編
http://www.meridionalis.com/prep/prep_g6.html
★入門自宅学習
http://www.meridionalis.com/prep/pmp_prep_introduction_athome.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:火曜の午後3.5時間×6日で21時間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長年、検討していた、3.5時間ずつ、6日間で21時間を取得するコースを、9月から試行します。毎週火曜日の午後13時頃から休憩を入れて4時間ほど、早稲田で講義を行います。このコース、連続3日間に比べるとメリットが結構あります。
○メリット
・貴重な土日を潰さずに済む(通常の試験対策は土日です)
・勤務時間内におさまる?(働き方改革的な・・・)
・午前中は仕事ができる(午後から早稲田に来ていただくイメージで考えています)
・予習ができる(連続3日21時間の場合、どの程度予習すべきか、決めにくい。)
・記憶に残りやすい(たった3.5時間ですから、記憶に残りやすいのです)
・復習し易い(3.5時間分を覚えているうちに、復習できます)
・学習のリズムが作れる(3日連続で受講しても、そのあと何もしない人がかなり多い)
○デメリット
・6回通うのは時間とコストがかかる(地方の方は事実上無理ですよね。)
・緊急事態などで欠席すると、その一コマはしばらく先になる(補講の日も設けますが・・・)

「3日連続」よりも、こちらのほうが、ずっと学習の生産性が高く一発合格の可能性も高いと思います。、実際、日々、色々なことに追われてしまっているプロジェクトマネジャーの方は、「6日通うなんて面倒」と感じるかもしれません。3日詰め込みよりどうしてこちらのほうが学習の生産性が高いのか、是非考えてみましょう。

○私の課題(これは皆さんには関係無いですね)
・予習復習教材を工夫しなければならない
・日程確保がキツイ

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 378号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール 野村隆昌
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:080−5415−0860 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2018 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入門自宅学習第六版をリリースしました

野村です。入門自宅学習6(第六版対応版)をリリースしました。

このコースは、メールで14時間の学習時間を確保できる、通信講座です。タイミングとしては、弊社試験対策(21時間)の前に受講されると効果的です。

皆さんが経験したプロジェクトを基に、プロジェクト憲章、スコープ記述書、プロジェクトマネジメント計画書(各種マネジメント計画書)を作成するワークブックによる演習を含んでいます。ガイドに従い、実務を棚卸しし、実際のドキュメントを作ってみる、意欲的なコースです。

実はこのコース、密かにお勧めなコースだったのです。このコースを受講した人は、一発合格し易いのです(何故かはわかりません。ガイドと実務のすりあわせによる情報の知識化が行われるからでしょうか)。

本コースは、合格パッケージに含まれています。是非、ご検討下さい!

ZOOM中継、moodleによる遠隔学習動画教材、メール教材について整理

野村です。

自分でもいささか混乱してきているので、整理のためのメモです。

1)中継について

これまで、ZOOMを使って、中継を行ってきました。対象となるコースは、PMP(R)試験対策説明会、などになります。今後、PDUs発行系コースにも拡大予定です。しかし、この、ZOOMの中継は、グループ演習コースには使えないと考えています。

2)遠隔学習動画教材について

試験対策と、説明会から、動画教材を作成し始めています。受講生専用のmoodleサーバに収録しています。現時点では、既存受講生向けですが、将来は、遠隔学習者向けの専用コースを制作予定です。

3)メール教材について

入門自宅学習と、弱点発見模擬試験が、これまでのメールによる遠隔学習教材です。これは、今後も継続します。入門自宅学習は、moodleサーバに搭載できるかもしれません。

これまで長いこと、遠隔地の方の救済を考えてきましたが、一気に前進しそうな予感です。

moodleのおもしろいところは複合的な教材を提供できるところです。単に動画観て、とかではなく、緊張感を持って、学習することができます。