カテゴリー別アーカイブ: 早稲田

コンテンツ配信サーバを移動しました

野村です。ちょっとした失敗から、弊社動画コンテンツ配信サーバを移動しました。既存受講生の皆さんで、サーバを利用する方は、お手数ですが、再度、ユーザー登録をお願いします。

今後、一般の方向けコンテンツも準備しますので、一般の方も是非ご参加下さい。

新しいコンテンツ配信サーバは、https://www.meridionalis.com/moodle/ です。宜しくお願い致します。

10の知識エリアを記憶する

野村です。先週のPMP(R)試験対策(3日間)で、10の知識エリアを覚える方法を、講義中に開発?し、かなり効果があったので紹介します。3分くらいで、統合からステークホルダーまで、スラスラ言えるようになりますし、逆順や、調達の2つ前はコミュニケーション、というような、記憶の引き出し方(Recall)もできる記憶法を採用しています。

従来PMP(R)試験対策では、記憶の仕組みについて説明しますし、全プロセスを10分で記憶する方法も扱っていますが、次回からは、この10の知識エリアを記憶する、が、追加されます

振り返ってみると、そもそも、弊社では「記憶トレーニング」というコースがありました。こんな成果も出しています(最近実施していないので、リクエスト頂けたら、開催します)。

元々、10の知識エリアを記憶する事自体は、それほど大変ではないですが、さくっと記憶できて、いつでもさらっと記憶をRecallできると、便利です。英語圏では、こんな方法で記憶しているようです。語呂合わせ風の方法です。悪くは無いのですが、途中で躓くと、その先は永遠にRecall出来ないという欠点を持っています。また、逆に言うことも出来ません。意味を持たせることも困難です。今回の方法では、語呂合わせは使いません。

自分の場合は、PMBOK(R)GUIDEにカラーペンで色づけをして、色と言葉の組み合わせを作り、記憶していました(今回ガイドの紙がグレーになったので、色がくすんでしまう・・・残念)。色を思い出すほうが、言葉を思い出すよりも高速、ということで、この仕組みを使っていました。しかし、今回は、さらに違う方法に挑戦してみました。講義中に、一瞬で出来て、また、それを説明することも短時間で出来たので紹介します。

では、本題です。10の知識エリアを記憶することについて説明します。記憶の方法としては、LOCIを使います(LOCI、Journey法、日本語だと「記憶の宮殿」で検索すると色々出てきます)。

まず、部屋の中に、10箇所、付箋を貼ります。目をつぶっても、その、付箋を貼った場所を順番に辿って思い出せる状態になるまで、付箋を眺めます(すぐできます)。付箋を貼る場所は、あまり移動しないモノが良いでしょう。この付箋の場所が、記憶の宮殿の第一歩です。記憶できている場所であればどこでもいいので、例えば、昔住んでいた家、とかでもOKです。「家を出ると隣の家の生け垣があって、左に曲がって、道路に出る右手には照明、左手には生け垣のブロック、道路に出て電柱、ゴミ捨て場、道路標識、隣の家の門柱、止まれの標識、バス停、バス停のベンチ・・・」などでもokです。

次に、そこに、記憶すべきものを乗せていきます。コーヒーメーカー+統合、柱+スコープ、柱スコープ、モニター+コスト、プロジェクター+品質、ホワイトボード+資源、モノポリーの箱+コミュニケーション、赤いゴミ箱+リスク、扇風機+調達、ドア+ステークホルダー、という感じです。このときに、印象に残るように、コーヒーメーカーから抽出されるエスプレッソは色が黒い、黒は統合(自分の場合は色と知識エリアが既に結びついている)、ゴミ箱は赤い、赤はリスク、プロジェクターは熱い、ピンクの煙が出ている、ピンクは品質、みたいな結びつきです。あの会社の部長が今ドアから入ってきた、ドアはステークホルダー、あるいは、モノポリーは交渉上手が強い、だからコミュニケーション、こじつけでも何でもOKです。(注:実際には英語でやってます。調達、品質は、わかりやすくするために書いています。)

ここまで、所用時間は3分くらいです。これが脳内に出来上がっていれば、調達の2つ前・・部長が入ってくるドアの2つ前は赤いゴミ箱、赤いゴミ箱はリスク、と、スラスラ思い出すことができます。あとは、時々脳内で、記憶の宮殿を散歩すれば、いつでも迅速に使えるようになります。脳の中にある材料だけで、勝負できるようになる感じです。

自分の場合は、上記のコーヒーメーカーからドアまで、太陽系を英語で結びつけて記憶しています。ネプチューンの2つ前はサターン、とスラスラ言えます(私と直接会ったら、試してみて下さい。)。で、記憶の宮殿に新しい覚えるべきものが入ってきたために、プロジェクター=火星(Mars)と品質が合体してしまいました。2つ目の柱=VenusとScheduleも合体です。(但し、英語で、しか、出来ません。日本語では語呂合わせで覚えてしまっているので、記憶の刷新が難しいです。)

記憶とRecallの速度を上げると、試験勉強は楽になります。是非、いろいろやってみてください。また、いいアイデアがあったら教えて下さい!

9月の、平日3.5時間×6回コースの開始時間

野村です。9月4日からの、新コース、平日3.5時間×6回コースの開始時間を、13時30分から、と、決めました。この時間なら、午後外出で、スムーズに早稲田まで来られますか?終了は1730を予定しています。

ご検討、宜しくお願いします。

新コース:平日午後3.5時間×6回+予習教材で35時間の学習時間獲得!

野村です。お世話になります。新しいコース「PMP®試験対策6 3.5時間×6日版」を作りました。従来の入門自宅試験対策3日間をベースに+αしました。従来のコンテンツに、さらに合格を確実にするための、運営の工夫とノウハウを埋め込んだ、コースです。

いつかやってみよう、と、ずっと考えていました。ちゃんと予習しつつ、3.5時間ずつ、6回早稲田に通い、宿題も少々、なおかつ35時間を獲得できるコースです。合格パッケージを前提としていますので、完成編弱点発見も受講できます。

9月から、既存コンテンツをフルに活用しつつ、毎週火曜日午後に開催してみようと思います。まずは、やってみましょう。

このコースを作るにあたり、いくつかの仮説を準備し、何人かの人に意見を貰い、検証を行いました。また、今後、少しずつ、改善していこうと考えています。本コースについて、是非、ご意見ください。

メルマガには書きましたが、実はこのコース様々なメリットがあります。

メリット

  • 貴重な土日を潰さずに済む
    •  通常の試験対策は土日に開催しています。この資格を目指す人は多くの場合、家庭も抱えているはずで、家族の犠牲の上で資格を取るというのは、なかなか残酷なものがあります。なるべく土日は休むべきではないか?ということも、このコースの根本的なニーズの一つです。
  • 勤務時間内におさまる?
    • 半分くらいの人が、会社のために、この資格を取ります。であるならば、受験に必要な35時間も、勤務時間であるべきです。ならば、講義も、勤務時間におさまるようにしたい、と、考えています。
  • 午前中は仕事ができる
    • この資格を取る人は、ちゃんと余裕時間を管理できる立派なマネジャーであっても、それなりに忙しいはずです。多くの普通のマネジャーであれば、さらに時間に追われているでしょう。午前は色々な用事をこなして、午後から早稲田に来ていただく。そして、終わっても、まだ各方面に電話やメールで連絡ができるよう、さっさと終わらせようと思っています(拘束時間は概ね4時間を予定しています)。
  • 予習ができる
    • そもそも予習は、受講時のパフォーマンスを高めるために、必ず行うべきです(従来でも、ガイドの通読はお願いしています)。
    • 毎回、3.5時間しか講義を行いません。3.5時間に備えた予習であれば、誰でも取り組めると思います。連続3日21時間分の予習は、慣れていないと、なかなか難しいでしょう。
  • 記憶に残りやすい
    • 講義時間はたったの3.5時間です。途中に休憩も入ります。この仕組みで、記憶に残りやすくなります。連続で丸一日だと、朝やったことを、夕方には殆ど忘れてしまっています。
  • 復習し易い
    • 3.5時間分の復習は、楽です。翌週までに、毎日少しずつでも、復習とを行うと、短期記憶から長期記憶への変換ができます。
  • 学習のリズムが作れる
    • 毎週火曜は早稲田に行く、それだけでも、リズムが生まれます。3日連続受講だと、「終わった!」という気持ちにはなりますが、さあ、次の完成編まで復習しよう、と、ならない人が多いのが実情です。定期的な習い事と同じように、リズムによって、ちょっとずつでも学習しよう、復習しよう、という、意欲が湧いてきます。夏休みの宿題を溜めて、まとめてやっていたタイプの人には、是非検討して欲しいコースです。

デメリット

  • 6回通うのは時間とコストがかかる
    • 大変申し訳ないのですが、地方の方は事実上参加できないと思います。
  • 緊急事態などで欠席すると、その一コマはしばらく先になる
    • 土日ではないため、平日の割り込みの電話がかかってくる可能性は高く、また、事件によっては、すぐに会社に戻らなければならないかもしれません。参加出来ない一コマは、次回か、あるいは、補講によって、なんとかすることになります。初回は予備日を設けてみました。

さて、従来の試験対策も、今回の開催では、3.5時間の刻みを意識して、進めてみようと思います。従来の3日間の試験対策受講者も、こちらの6日間講座に参加頂くことができます。逆に、こちらの講座の受講者も、3日間の試験対策に参加できます。ある特定の日、特定のコマだけ、というのももちろんアリです。

弊社の従来の3日間のコースを受講された方は、おそらく、私の言っている意味がなんとなくわかると思います。元々、弊社の3日間の試験対策コースが、予習を前提とし、濃すぎる上に、長時間過ぎたのです(これまで出題されたことは全部説明する、というポリシーが、そもそも無理があったとも言える)。一端、少しそぎ落として、かつ、予習・復習を増やすことで、効率を高めよう、という方向性です。

これまでの、超集中3日と2日、だけでなく、約二ヶ月、淡々と学習を進め、合格する、というように、合格までの経路を増やしたいと思います。

皆様の参加をお待ちしています!

まもなく6月までの予定を掲載します

野村です。全力で第六版対応を行っています。受講された方はご承知の通り、4コース、膨大なコンテンツですので少々時間がかかっています。

そろそろ夏頃までの講座以外の予定も見えてきましたので、PMP(R)試験対策系コースの予定などを掲載したいと思います。試験対策3日間コースは、4月最終週の開催を予定しています。GWの入り口、ですね。

WEBもかなり修正しなければなりませんが、今週末〜週明けを目処に作業予定です。

お急ぎの方は野村まで直接ご連絡ください!

 

【お知らせ】WEBからの問い合わせフォームに不具合がありました

野村です。

弊社のWEBからのお問い合わせフォームに不具合がありました。これまで弊社にお問い合わせ頂いた方で、メールに返事が無い、という方、大変申し訳ありませんでした。

現在のところ、復旧できるかどうかわかりません。鋭意作業中です。

 

2月23日PMP(R)を目指す方向け勉強会開催

野村です。お知らせです。

第五版での試験も残り一ヶ月となってきました。弊社では、徐々に第五版から第六版にコンテンツを移行しています。

3月の試験対策は、第五版・・・と、考えていましたが、それよりも勉強会を増やしたほうが良いのではないか、と、考えています。反応をみながら、無料勉強会を3月は開催したいと思います。

久しぶりに、今週金曜日、勉強会を開催します。質問事項、もっと深く知りたいことなどを、準備してください(EVMがよくわかならい・・・など、漠然とした質問でもOKです。なんでも解説します)。弊社以外の問題集などについても、解説致します。参加ご希望の方は、野村まで、メールで連絡下さい。

費用:無料

参加資格:第五版でPMP(R)に合格したい人ならどなたでもOK

場所:弊社セミナールーム(早稲田)

WEBにも掲載します。宜しくお願い致します。

メール環境のMaintenanceを行っています

野村です。

サーバ移行に伴い、メール環境のMaintenanceを行っています。全てのメールを受信出来ているはずですが、もしかすると、不具合があったかもしれません。

週末までに収束させるよう作業を行っています。もしメールに問題がありましたら、お手数ですが080-5415-0860まで直接連絡ください。宜しくお願い致します。

 

緊急告知:12/16〜20日まで皆さんに会えません。

二週間ほど不明熱が続いていましたが、あまりの高熱で、夜間救急外来を受診ました。結果的に、インフルエンザに感染していることがわかりました。3日ほど前から薬が効かなかったのは、なんとインフルエンザだったという。社会人になってから初めての経験です。

数日、人前に出られません。大変申し訳ありません。