S M L
メルマガ > PMPのための実践プロジェクトマネジメント
PMPのための実践プロジェクトマネジメント : ■往復書簡:EQによる自己認識-3
投稿者 : nomura 投稿日時: 2013-01-07 15:13:52 (866 ヒット)
PMPのための実践プロジェクトマネジメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMPのための実践プロジェクトマネジメント           20130107
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■往復書簡:EQによる自己認識-3
             有限会社システムマネジメントアンドコントロール
                      http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 野村です。明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
 今日は、往復書簡の3回目です。2誌共通号です。

 昨年は、マインドマップ、速読と、PDUs発行系で新しい展開を作ってきました
が、まもなく、その延長線上に、新コースを2つリリースします。1月末までに、
実施したいと考えています!PMP試験対策はもちろん、コミュニケーション、会
議運営など、様々な思考の場面に使えるツールを取りそろえていきます。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       〜 "知覚"から思考と行動を変革する 〜
       知覚的問題解決の探求 【18日間コース】
          第7期 〜2013年5月Start〜

    【2つのNLP資格】 × 【マネジメントの意識改革】
    ⇒http://www.ideass.jp/perception/index2.html

  ★限定1名★ ●クリスマス割引● ⇒⇒⇒ いまなら¥380,000円!!

         講師:株式会社イデアス最上雄太
        
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     かつての知識の時代に育ち、知性の時代の今を生きる、
       リーダー、マネジャーのためのコースです。

○本を素早く読み、理解するための【速読トレーニング】
2013年2月2日(土)(日程を変更しました)
http://www.meridionalis.com/pdu/Reading.html

○ビジネスに使えるマインドマップ
2013年2月3日(日)(日程を変更しました)
http://www.meridionalis.com/pdu/MMforBiz.html

                         各22,050円(税込み)

☆PMPの方には、それぞれCCRサイクルで利用可能な7PDUsを発行します。

有限会社システムマネジメントアンドコントロール 野村隆昌
http://www.meridionalis.com/index.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMPを目指す方へ】
あの合格パッケージ、キャンペーンやってます!PMBOKガイド第五版が出るま
での間の特別キャンペーンです。はやくリリースされないと、私が困るっ!
http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■往復書簡:EQによる自己認識-3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今回は、最上さんからの返信から、です。
 前号では、私から、記憶の生産性、記憶術などについて触れました。

----8X----8X----

野村様

2012年が慌ただしく過ぎようとしています。
2013年1月2月は、共同イベント(公開研修)が続きますね。

かなり注目は、【速読&マインドマップ】の連続公開研修です。

 1/22(火)14:30〜21:00 (池袋)
http://www.ideass.jp/manage/reading.html

 それぞれが大人気、「速読」「マインドマップ」を
 連続してやってみようじゃないかという、この企画!

 新年から脳みそフル回転は必至です。


そして、年末恒例の【EQによる自己認識】を、2月にも行います。
2/10(日)9:30〜18:30(早稲田)
http://www.meridionalis.com/pdu/EQ.html

 2013年を、自分をみつめることから始めて見たい方。
 リーダー・マネージャーとして、志を立てたい方。
 知覚的な側面から自分を分析してみたい方。
 
 ぜひこの機会を活用ください。


さて、この往復書簡も続けていきましょう。

> どうでしょう?興味は湧きましたか?

バリバリ沸きますね!


「速読」にしても、「マインドマップ」にしても、
「EQ」にしても、「NLP」にしても、
もちろん「記憶」にしても、

脳を中心としたモノであることは変わりありません。

野村さんの話は、「記憶」側からアプローチしている脳の話なのだと理解しました。


> つまり、我々の記憶は、感情の機能と密接しているということです。

そして、「記憶」について、興味・関心・知識・スキルを高めていくことで、
感情(EQ)や、認識(NLP)に、うまく働きかけることができそうな予感を感じ
ています。


私の理解では、「脳の中で起きていることは双方向に働く」と考えていますので

「記憶のマネジメント」 ⇔ 「感情のマネジメント」

上記が結果的に成り立つのではないかと思うのです。


ここまで考えてみると、脳は「感情」を起点にしている。という観点が生まれて
きますね。
起点。という言葉が適切なのかどうかわかりませんが・・ご意見ください。

速読、マインドマップなど積極的に脳を活用していこうとするときに
かならず「感情」というテーマが挙げられるように、

また、知覚的問題解決(NLP)においては
認識 × 感情 = 知覚(モノの捉え方)
であると考えているように。


私も、野村さんも「感情」をマネジメントしたい。
とどこかで考えているのではないでしょうか?

私が「感情」について持っている印象は

「感情は、ある程度マネジメントできる」
「感情は、ある程度以上はマネジメントできない」

前者であり、後者でもある、と強く感じます。

自分勝手で、あらゆるものに影響を与え、力強い、
感情とはそういうものだ、と常々考えています。

----8X----8X----

 野村からの返事です。

----8X----8X----
最上様
往復書簡をちょっとサボっていたら、年が明けてしまいました。皆様あけまして
おめでとうございます。

記憶というものに興味を持って頂いて嬉しいです。でも、記憶にも様々な切り口
があります。例えば、それがそれと解る、というのは、記憶があるから、です。
また、7桁の数字を1分くらい覚えている、というのも、記憶を使う事ができるか
ら、なのです。

感情や認識との関連を少し挙げてみましょう。上記、「それがそれと解る」とい
うのはビリーフに照らして認識する、ということです。これは認識の話ですね。

感情との関係は、ビリーフに格納された記憶には、感情が付随している、などが
挙げられます。いわゆるトラウマ、です。他の話では、激しい感情を伴って記憶
されてしまうことがあったり、あるいは逆に激しすぎる感情下では正常に記憶さ
れない事などもあります。

こうした話は、やがて、思考へと繋がりますが、今日はやめておきましょう。

> 私の理解では、「脳の中で起きていることは双方向に働く」と考えていますので
>
> 「記憶のマネジメント」 ⇔ 「感情のマネジメント」
>
> 上記が結果的に成り立つのではないかと思うのです。

はい、これはとても大切な図式だと思います。記憶は、感情の影響を受け、ま
た、感情は、記憶に影響されています。

沸騰した湯の入った土鍋に素手で触ると熱い、だから無意識で触らないようにす
る。これは、記憶があるから、それを避けようとするある種の感情(喜怒哀楽に
限らない)の働きです。

また、上記のように、格納された記憶は、感情が付随していることから、誤った
認識をしてしまうことがあります。トラウマがそうですが、感情を取り去れば事
実としては大した事が無い事でも、激しい感情が付随していることから、それを
無意識でも思い出すと、判断を誤る(あるいは間違った行動に出てしまう)こと
になります。

> ここまで考えてみると、脳は「感情」を起点にしている。という観点が生まれて
> きますね。
> 起点。という言葉が適切なのかどうかわかりませんが・・ご意見ください。

感情というエネルギーが、脳の発火現象の起点となっている、と、言えると思い
ます。いつも起点かというとそうでもないですが・・・しかし、事実として言え
るのは、感情を司る部分、扁桃体が、脳のかなり中心にある、ということです。
しかも、短期記憶と長期記憶との記憶の出し入れを司る海馬の隣、です。

ビリーフと呼ばれるものは、左右の脳に別れた先にあります。しかし、海馬や扁
桃体は、わりと繋がった部分に近い脳の中心部に、左右に存在しています。これ
はちょっと面白いです。

> 私も、野村さんも「感情」をマネジメントしたい。
> とどこかで考えているのではないでしょうか?

例えば私は感情の爆発が、自分にとって大嫌いであり、大好きなものでもありま
す。この矛盾した考え方は、ちょっとふざけているように感じられるかもしれま
せんが、まあ、そんなことに強い関心を持っているということは確か、です。

> 「感情は、ある程度マネジメントできる」
> 「感情は、ある程度以上はマネジメントできない」
>
> 前者であり、後者でもある、と強く感じます。
>
> 自分勝手で、あらゆるものに影響を与え、力強い、
> 感情とはそういうものだ、と常々考えています。

ある程度マネジメントできるのは、長期記憶の領域です。認識を変える、生じた
感情を追いかけ、間違った行動をしないようにする、というような事は確かに可
能なようです。

ある程度以上はマネジメントできない、これは、扁桃体が作動してしまうことそ
のもの、です。なにしろ、生体を制御(恒常性を提供)するような部位に近い脳
(ひやっとした瞬間に確かに汗をかいている、というようなこと)ですので、意
識の側からの制御は、ほぼ、できません。ですが、過去の記憶に働きかける事
で、感情を生じないように少しだけ調整することはできるようです。でもそれ自
体、どうしようもない、ある程度しかマネジメントできない、というのは、確か
でしょうね。

ということで、今年も宜しくお願い致します。

----8X----8X----

 続きます。
 
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMPのための無料勉強会「羽鳥会」 https://www.facebook.com/hatorikai
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あの合格パッケージ、キャンペーンやってます!PMBOKガイド第五版が出るま
での間の特別キャンペーンです。はやくリリースされないと、私が困るっ!
http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ
http://goo.gl/Dsdje
○FB上の勉強会、「PMPを目指す人の勉強会」
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑Facebookを有効利用できたな!と、思っています。是非ご参加を!
○PDUsも獲得可能なPMP向け無料勉強会「羽鳥会」
http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 実務上の疑問、質問、問題提起、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、
pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
 よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMPのための実践プロジェクトマネジメント 130号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
       system management and control, limited
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

登録/解除(まぐまぐ)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
Copyright(C)2013 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送して
いただくことは構いません。是非ご紹介下さい。
PMP、PMBOK、PMIは、それぞれ米国PMIの商標(R)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。