S M L
メルマガ > PMPのための実践プロジェクトマネジメント
PMPのための実践プロジェクトマネジメント : ■往復書簡:速読トレーニング4
投稿者 : nomura 投稿日時: 2012-10-04 12:58:46 (997 ヒット)
PMPのための実践プロジェクトマネジメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMPのための実践プロジェクトマネジメント           20121004
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■往復書簡:速読トレーニング4
             有限会社システムマネジメントアンドコントロール
                      http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 野村です。いよいよ明日です。

 レゴマインドストームNXTによるロボット製作を盛り込んだプロジェクトマネ
ジメント入門、実施決定です!申込は明日の朝までにお願いします。PMPを目指
す方、合格パッケージで受講可能です。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      [特別研修] 速読トレーニングの探求 【体験版】  
  有限会社システムマネジメントアンドコントロール 野村 隆昌代表
       2012年10月05日(金)14:30〜17:30  ●受付中●
http://www.ideass.jp/manage/reading.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       〜 "知覚"から思考と行動を変革する 〜
       知覚的問題解決の探求 【18日間コース】
      10月28日(日)第6期スタート ●受付中●
 
    【2つのNLP資格】 × 【マネジメントの意識改革】
    ⇒http://www.ideass.jp/perception/index2.html

         講師:株式会社イデアス最上雄太
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■往復書簡:速読トレーニング4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前回からの続きです。最上さんからのメールで始まります。

----8X----8X----
野村様

前回の「速読トレーニングの探求」は、
ある意味(いい意味)で、私の想像を超えていました。

次回(10/5)も体験できることを心待ちにしています。

次回も扱う内容としては同じはずですが
何か次は違う体験ができるような気がしています。

これは、「速読トレーニングの探求」が、他のトレーニングとは違う(といって
もマインドマップは同じような性質を持っていそうですが)何かがあるからだと
感じていますが、それは何なのでしょうかね?

体験者の一人として考えると、まずその理由の一つは、
「1回でわかった!(できた!)」には、まずならないから。です。

私は、ある組織のフォトリーディングのトレーニングを受けた経験があります。
その数日間のトレーニングを受けると、なんだか、できたような気になってしま
う錯覚(いま考えれば)がありました・・が、

今回の野村さんの「速読トレーニングの探求」は
まだ、全然先のような「できた!」感がありません。

それが、不満足なのか?というとそうではありません(念のため)

やりたいことは私なりに良くわかりました。


「早く」×「全部」×「読む」ということです


「早く」は馴れていたつもりでした
しかし、「全部」を掛け合わせるのは難しかったです。

どうしても、「早く」することで「読み飛ばし」が発生してしまうからです。
これは、にわかフォトリーディングで、クセになってしまっていたと予想できます。

そして、「早く」×「全部」を実現するためには、
理解(解釈)せずに「読む」ということが必須になります。

これも結構タフです。
これまで培ってきた読み方のクセが、じゃまをするからです。

私にとって、「早く」×「全部」×「読む」は、
読書についてのOSの変更が必要になります。

それは、「こうすればよい」的なスキル(知識や技術論)ではなく、
本に対する向き合い方、本を読むための姿勢の問題、
そこに行き着くような気がしてきたのです。

だからこそ「トレーニング」なのであり
また次回が楽しみ(またトレーニングしたいという気持ちを伴って)
ということにつながってきます。

----8X----8X----
 以下、私からの返事です。

----8X----8X----


最上さま

> 「早く」×「全部」×「読む」ということです

はい、そうなのです。このコースは、非常に単純なのです。

高速に、全部、読もう、たったそれだけです。このコース、「速読トレーニング
の探究」と題していますが、高速に、というところを取り除くと、コアの部分は、

「全部」×「読む」

・・・まあ、とにかく、全部、読む・・・・ただ、それだけなのです。実のとこ
ろ、私は、速読【技術】そのものについて、殆ど興味が無かったのです。現在
も、速読【技術】そのものは殆どどうでもいいと思っています。結果的に、楽し
く読めたらいいよね、くらいに考えているのです。

さあ、ここでキーワードが出てきました。「楽しく」です。実は、速読のポイン
トの一つは、「楽しく」読む事なのです。楽しく読めている状態=速読、なので
す。楽しい状態なら速く読めますし、速く読めているなら楽しい、のです。

今回最上さんは、二度目の受講となります。「できた感」を獲得するのは、短時
間の中では難しいかもしれません。なにしろ、テーマが「読書」ですから、達成
感の基本は「読み終えた感」です。薄い本なら短時間に薄い達成感、厚いややこ
しい本なら、長時間で深い達成感、です。速読は魔法ではないので、この法則を
くつがえすことはできません。「できた感」「腑に落ちた感」は、日々のトレー
ニングの結果、得られるはずです。

それよりも大きなポイントは、二度目の参加は、着眼点が変わる、です。一回目
には何も感じなかったところで、今回は何か新たな発見があるかもしれません。
そうするとより楽しくなります。

本を必ず二度読もう、というのも、同じ事なのです。二度読む事で、新たな発見
をする、これがつまり、全体感を獲得した、という状態です。一度だけ読んで、
では、十分ではない、ということですね。

是非、本コースの全体感も、掴んで下さい!

----8X----8X----

 ということで、明日、お会いできることを楽しみにしています。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○PMP試験対策系講座(合格パッケージ対応)

PMP試験対策
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
PMPを目指す、コアの要素、満載です。おそらく、最強の解説を行っていると思
います。PMBOKガイドについての全ての疑問を払拭することを目指します。
2012年10月12日(金)-14日(日)@早稲田 受付中
2012年11月7日(水)-9日(金)@早稲田 受付中
2012年12月14日(金)-16日(日)@早稲田 受付中
2013年1月12日(金)-14日(日)@早稲田 受付中
2013年2月15日(金)-17日(日)@早稲田 受付中
2013年3月6日(水)-8日(日)@早稲田 受付中

PMP試験対策 完成編
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
二日間で、脳内にPMP合格のためのゲシュタルト(全体)を構成します。もう、
プロセス群と、PMP認定試験の「出題範囲」、「学習方法」に不安はない。終わ
った後に、そう感じて頂きたいのです。あとは、自習を進めれば合格です
2012年11月24日(土)-25日(日)@早稲田 受付中
2012年12月22日(土)-23日(日)@早稲田 受付中
2013年2月23日(土)-24日(日)@早稲田 受付中
2013年3月23日(土)-24日(日)@早稲田 受付中
☆従来の重点、重点+です。

○試験対策兼PMP向けPDUs獲得講座(合格パッケージ対応)

実践プロジェクトマネジメント入門〜LEGOで体感〜
http://www.meridionalis.com/pdu/LEGO.html
2012年10月7日(日)-8日(祝)@早稲田 【実施決定】受付中

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ
http://goo.gl/Dsdje
○FB上の勉強会、「PMPを目指す人の勉強会」
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑Facebookを有効利用できたな!と、思っています。是非ご参加を!
○PDUsも獲得可能なPMP向け無料勉強会「羽鳥会」
http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 実務上の疑問、質問、問題提起、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、
pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
 よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMPのための実践プロジェクトマネジメント 127号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
       system management and control, limited
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

登録/解除(まぐまぐ)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
Copyright(C)2012 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送して
いただくことは構いません。是非ご紹介下さい。
PMP、PMBOK、PMIは、それぞれ米国PMIの商標(R)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。