タグ別アーカイブ: PMP(R)試験対策

PMP(R)認定試験受験ガイドをブラッシュアップしました

野村です。

最近受講された方には既にメールでお送りしましたが、弊社の説明会試験対策で使用している、PMP(R)認定試験合格までの道のりを説明した、弊社制作「PMP(R)認定試験受験ガイド」は、地味にブラッシュアップされています(最新のバージョンは全体で37ページ、日付が2017年3月28日)。

明日の説明会でも使用します。また、ZOOMによる中継も行い、音声入り動画ファイルも同時収録予定です。遠隔受講も可能です。遠隔受講を希望される方は、当日の16時頃までにご連絡下さい。

既存受講生の方には、音声入り動画ファイルにアクセスできるようにしたいと思いますので、野村までお問い合わせ下さい。

 

PMBOK(R)ガイド第六版関連の日程

野村です。PMBOK(R)ガイド第六版がじわじわと近づいてきました。現在明らかになっている日程は次の通りです。

  • Launch Date of PMBOK 6 — 3rd quarter of 2017
  • Launch Date of practice guide for Agile — 3rd quarter of 2017 Launch
  • Date of new PMP Exam — 1st quarter of 2018

2017年9月末までにガイド第六版が出て、2018年3月末までに、新たな試験が始まります。主要な変更点は、アジャイル対応です。確かにこれまでのガイド第五版のあの部分は中途半端でしたからね。

弊社では、R.E.P.向けガイドの読み込みを行っています。じわじわと試験対策の内容も、第六版に近い形の説明が増えると思います。

PMP(R)を目指す皆様、年末までになるべく合格してしまいましょう!

受験ガイドを刷新しました!

野村です。こんにちは。

これまで、PMP(R)試験対策や、説明会などで、別資料で説明していた、試験の概要、学習方法、申請方法、試験当日までの話の資料を、受験ガイドとして一つにまとめました!万全な準備で、効率の良い学習で、PMP(R)合格を確実にします。

先ほど、最近の説明会や試験対策関連でお目にかかった方には資料を送付しました。全体で34ページになりました。今週末の完成編から投入予定です。4月の説明会でも使用します。

  • PMP(R)試験とは?
  • 合格までの全体プロセス
  • 合格までの学習プロセス
  • そもそも学習とは?
  • 受験に向けて
  • 試験前夜~当日

近々、かんたんな音声解説入り動画も作ろうと思います。

ZOOMの導入は簡単です

野村です。こんにちは。今日は、PMP(R)試験対策の日です。テスト的にZOOMによる中継と録画を行っています。さて、簡単にZOOMの導入方法を説明します。


会議通知が届きます。URLをクリックすると、最初にこんな画面が開かれます。いきなりアプリケーションのインストールが始まってしまいます。会社のルールなどでインストールが出来ない方は、スマートフォンなどにインストールしましょう。スマートフォンでも割と十分に視聴できます。


さて、インストールします。


 

インストールが終わると、アプリが起動します。

周囲の環境に注意しながら、音声参加してください。


 

プレゼンテーションが共有されます。ZOOMは共有側が、単一のアプリだけを共有して表示させることができます。


参加者、チャット、動画などを表示することができます。サイズは変えることができます。


ホワイトボードも、まぁまぁ解読できます。


ということで、割と便利ですので、是非使ってみてください!チャットだけでなく、音声での質問も簡単にできます!(挙手する機能とかもあります)録画も可能で、録画した動画は、サーバに置いておこうと思います。復習に使って下さい。

試験対策の他、いくつかのコースで使って行きたいと思います。

4月からは、遠隔受講のコース申込を正式に開始します!

PMP (R)試験対策、平日午後開催へ!

野村です。内容があまりに濃くなりすぎている、現状のハードな連続3日間のコースを、皆さんからの要望にお応えし、細かく分けようと思います。早稲田に通うのは若干面倒になりますが、将来はビデオで復習できるようにしたり、ようと思います(zoomで録画していこうかと)。

コースの提供方法を3つにします。

  • 従来通りの3日連続コース
  • 日曜3回コース(連続ではなく、毎週日曜開催)
  • 4時間×6日(火曜と金曜、14時〜19時みたいな感じ)

4時間×6回だと、

day1 PMP(R)認定試験概略〜GUIDE1-3
day2 統合、スコープ
day3 タイム、コスト
day4 品質、人的資源、コミュニケーション
day5 リスク、調達、ステークホルダーマネジメント
day6 練習問題解説、受験申請の方法

と、こんな感じですかね。
さらに細かくすると、
1400-1500 講義1時間目
1500-1510 休憩
1510-1610 講義2時間目
1610-1620 休憩
1620-1720 講義3時間目
1720-1730 休憩
1730-1830 講義4時間目
1830-1900 ちょっとした雑談や質疑応答
と、なります。これを6回なので、学習時間も24時間に増えますね。

従来の3日連続だと、本当に受講される皆さんも私も疲れてしまうので雑談で盛り上がってしっまいますが、4時間(休憩なども入れて5時間)という枠だと、サクサク進んで、後ろで雑談になりそうです。朝、会社に行って、昼休み明けに移動して、14時に早稲田だと、平日だとしても負担も小さいと思います。

2月3月から実施を考えています。予定はまもなく発表します!

 

PMBOK(R)ガイド入荷しました。在庫あります。

野村です。年末に発注したガイドが到着しました。

今年、PMBOK®ガイド第六版が出ますが、試験内容が変わる前に、さっさとPMP®を取得してしまいましょう。

PMP®合格を目指す人は、本書の数回以上の通読と辞書として利用します。また、英語版も読むべきです。どこのコースを受講するにせよ、「早めに入手」し、「とにかく通読」しておきましょう。予習により、学習効率が高まります。

ガイドの価格は5500円+消費税で、据え置きとさせていただきました。毎週末ごとに発送するようにします。

こちらからお求め下さい。

 

 

2017年1〜3月のPMP(R)試験対策、試験対策完成編の日程が決まりました!

野村です。PMP(R)を目指す皆様、こんにちは。

大変遅くなりましたが、新年からの試験対策系講座の日程が決まりました。

年明けから、PMP(R)試験に向けての説明会を、開催します。Zoomによる中継も考えています。

また、月に一度以上、試験対策系講座を受講された方向けの、試験対策勉強会を開催します。こちらは臨機応変な内容なので難しい面がありますが、やはりZoomによる中継を考えています。

January winter landscape in the forest

創業以来の大幅コース改定、設計中です!

野村です。PMP(R)試験対策とPMP(R)試験対策完成編を再設計しています。

3日+2日のPMP(R)試験対策を開催してきましたが、

  • 内容が濃すぎて3日連続は勿体ない(予習復習をしてしっかり消化したい)
  • 体力的に辛い(翌日出社したくない)
  • 土日全部潰すのはちょっと家族との関係が・・・
  • 平日フルは厳しい

という意見を受けまして、新しい形式での提供の検討を開始しました。

  • 土日も使いつつ、平日午後だけでも35時間獲得できる(土日は家族と過ごしながら、半休で合格!)
  • 予習教材を充実させて、学習効率を最大化
  • 都合の悪い日があっても他の日で代替可能(予備日のようなものを設定)
  • 夜補習?時間も設定

実のところ、今の試験対策は、3日間実施すると、講師の側は、燃え尽きて、確実に寝込みます。木曜から月曜(時には火曜)まで身動きが取れないのです。これを毎月実施は心身共に辛い。そのくせ、平日はちょっと時間が出来てしまう。これを解消することも目的の一つです。

とはいえ、今まで、きっちり予習してこられる方、遠方の方には3日コースで満足頂いておりましたので、それはそれで残したいと思います。

2ヶ月の5時間x7回コースと、1ヶ月の7時間×5回コース、という組み合わせが最適かな?と、考えています。

ということで、来年の予定をそろそろ出します。宜しくお願い致します。

2016年12月のPMP(R)試験対策系講座

野村です。大変お待たせ致しました。12月の、PMP(R)試験対策系講座の日程がようやく決まりました。

年末の慌ただしい時期ですが、皆さんの参加をお待ちしています!

あ、2017年の予定もまもなく掲載します。

 

11月のPMP(R)試験対策、お疲れ様でした!

img_6008野村です。無事、3日間の11月の試験対策を終了しました。

今回も3日間、楽しく講義ができました。とはいえ、10時〜20時までしゃべり続けると、声帯はダメージを受けるので、明日は一日黙っていよう(笑)と思います。

今回の感想は、

  • 昔だったら話題として出す「・・・・ってあったまにくるわけですよ」に実感があったけど、すっかり怒りが消滅して歯痒くなった
  • やはり色々な業種の話をするのは楽しい
  • マネジメントのタイプが違う会社からの参加者とのディスカッションは楽しい
  • amazonプライムNow、凄すぎる

というあたりでしょうか。

1時間に10分程度の休憩と考えると、10-20時は、実は、8時間の学習時間です。合計すると、24時間の学習時間です。思い起こせばこのコースを作った14年くらい前は、もっとはやく終わっていたし、時間にもかなり余裕がありました。これで21時間の学習時間というのは、ちょっとそぐわなくなってきているかもしれません。

このコース開発当初と比べると、

  • 内容的に細かくなった
  • 濃厚になった
  • 雑談の幅が拡がった
  • 事業の話をするようになった
  • こころの話をすることが多くなった

というような変化があります。それはそうです。私自身が事業開発にシフトし、また、脳機能や、心理学、仏教哲学に傾倒していますから。

今回、参加頂いたマネジャーの皆様から、いろいろ意見を頂き、本当にありがとうございました。12月か1月のコースから、大きく変化させていきたいと思います。とりあえず名称をシン・試験対策、に、すればいいんですかね?(←違うぞ

写真は、ぽちっとしてから49分で到着した、amazonプライムnow。これ、本当に凄いと思います。