タグ別アーカイブ: PMBOK(R)GUIDE

PMBOK(R)ガイド第六版試験に向けて

PMIから、第六版試験についての発表がありました。2018年3月26日から、PMBOK(R)ガイド第六版をreferenceとして利用した試験が始まります。

こちらに、全体の流れと、弊社の対応をまとめました。

第五版試験を受験される方も第六版読んだほうがオトクですよ!

 

慌ただしくていろいろ後手ですが、、、

野村です。6版リリース、動画収録、試験対策系も慌ただしいのですが、リアルも慌ただしくなっています。

いろいろとアナウンスしなけれなりませんが、ちょっとお待ちください。

さて、今日から試験対策です!6版に向けてじわじわ変化していきます!!

PMP(R)試験のPMBOK(R)GUIDE第六版対応について

野村です。まもなくPMBOK(R)GUIDE第六版がリリースされます。PMI本部のサイトでは、第六版関連の情報が目に付くようになりました。

PMP(R)試験の第六版対応については、Coming Soon: PMP Exam Updateで確認できます。現在のところのアナウンスでは、


Just the Facts

  • The PMP exam is changing in the first quarter of 2018. The exact date of the examination change will be announced soon.
  • Anyone taking the exam prior to Q1 2018 will receive the current version of the exam that references the PMBOK Guide® – Fifth Edition.

ということですので、詳細はまだ不明ですが、おそらく来年の3月までは、現在の第五版での試験が行われると思います。

とはいえ、試験は急激には変わらないと予想しています。現在のExamination Content Outlineはそのまま使われるため、基本的なところは変わらないでしょう。

現在のバージョンでの受験は、年内〜年明けくらいを目指した方が良いと思います。弊社の試験対策のコンテンツも、2018年1月から、第六版に順次変更する予定です。

続報が入り次第、お知らせします。

■マネジメントの仕事を理解するための本■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170829
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■マネジメントの仕事を理解するための本
■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。まもなく怒濤の一ヶ月が終わります。でもまだ出張があと一回!

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■マネジメントの仕事を理解するための本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しばらく前の続き、書籍の紹介です。

PMP(R)試験で合格するにはどうしたら良いのでしょう?「世界中の他の合格者、出題者と同じような本を読む」という方法があります。過去のPMP(R)試験の定義書や実際の試験、ガイドの変遷などを振り替えると、うっすらと、【彼らがどんな本を読んでいるか】がわかります。

いきなり脱線ですが、PMP(R)試験の「定義書」は、あまり知られていないので紹介しましょう。PMI本部のサイトで誰でも閲覧可能です。PMP(R)を目指す方は必読です。現在は、「Project Management Professional(PMP)(R) Examination Content Outline」という文書です。ガイド更新とは2年ほどずれたタイミングでリリースされています。
https://www.pmi.org/-/media/pmi/documents/public/pdf/certifications/project-management-professional-exam-outline.pdf

これまでの歴史を振り返ると、次の著者の本は読むべきと考えます。
・ヘンリー・ミンツバーグ
・ピーター・ドラッカー
・エリヤフ・ゴールドラット

まずはミンツバーグです。PMP(R)に向けた問題集などで「マネジャーは一日の80%くらいをコミュニケーションに費やす」と紹介されますが、その調査を行った人がミンツバーグです(プロジェクトマネジャーに限定しているわけではありません)。
実際のマネジャー達は何をしているのか?という問いから、ミンツバーグ実際の活動を観察しています。
●マネジャーの仕事
http://amzn.to/2wP27zq

次に、ドラッカーです。以前のPMP(R)試験では、「プロフェッショナルの責任」という出題項目がありました。この考え方は、ドラッカーの「マネジメント」を背景としています。現在は出題されなくなりましたが、PMP(R)試験の背景として、今でもその精神が引き継がれている可能性があります。
「マネジメント」の翻訳は、3種類出版されていますが、一番メジャーな上田さんの翻訳をとりあえずお勧めします。
●ドラッカー名著集13-15 マネジメント[上・中・下]―課題、責任、実践
http://amzn.to/2iDBJCq
http://amzn.to/2wPb9Nd
http://amzn.to/2wPf9wY
・・・3冊買うと、大変な値段になります。中古で入手や図書館で買うという方法もあります。あるいは・・・
●Management: Tasks, Responsibilities, Practices
http://amzn.to/2iExKFE
英語版という方法もあります。英語は抵抗あるかもしれませんが、原著は誤解が少ないというメリットがあります。

ドラッカーの「マネジメント」は、エッセンシャル版ではなく、原著を是非お読み下さい。最初は図書館で借りるのがいいかもしれませんね。

そして最後にゴールドラット。イスラエルの物理学者ですが、制約条件の理論(TOC)で一躍有名になりました。そして、プロジェクトマネジメントの世界には、クリティカルチェーンで大きな貢献を果たしています。
まずは、制約条件の理論から行きましょう。
●ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
http://amzn.to/2iEH8sS
このamazonのページに出てくる本の画像の帯は、売らんが為に、「17年間翻訳が禁じられたいわくつきの一冊」とか書いてありますが、そんなことは気にせず、是非お読みいただきたいのです。
制約条件の理論がPMP(R)試験に直接出題されることはありませんが、考え方は、学ぶところが大きいです。
次に、PMBOK(R)ガイドにも収録されている、クリティカルチェーンを紹介しましょう。
●クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
http://amzn.to/2wFWXFD
納期を圧倒的に短縮する方法、クリティカルチェーンです。そして仕事がなぜ上手く進まないか?ということも、直感的に理解できる良書です。是非、読んでおきたい一冊です。

さて、ここまで、気軽に6冊ほど紹介しましたが、実際には、かなりのページ数となります。試験の定義書を作っている人達や、試験問題を作っている人達が、おそらく読んでいるであろう本を紹介しました。PMP(R)合格までに読み切れないかもしれませんが、チャンスがあれば、是非読んでみてください。

弊社の本棚の様子はこちら↓

ドラッカー、ミンツバーグ、ゴールドラット

※受講生向けに、本の読み方の動画をeLearningサイトに掲載しています。既存受講生で視聴を希望される方は、一言お声がけ下さい。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ギリギリ間に合う10月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
下記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMBOK(R)ガイド6版がPMIから来週発売されます。それにあわせ、PMP(R)ホルダー向けのガイド6版解説コースをすぐに実施します!集合形式とZOOMによる中継を予定しています。2〜3時間(PDUs)で差分を説明します。詳細は後ほどお知らせします。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 376号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■解説:スコープマネジメント計画書作成(5.1)■解説:要求マネジメント計画書作成(5.1)■編集後記:予習のための「ガイドの読み方」解説動画UPしました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170712
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■解説:スコープマネジメント計画書作成(5.1)
■解説:要求マネジメント計画書作成(5.1)
■編集後記:予習のための「ガイドの読み方」解説動画UPしました!
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。スコープマネジメントの解説を続けます。 http://www.meridionalis.com/support/back/20170616.html の、続きです。

解説+学習のポイントという形で書いてみています。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■解説:スコープマネジメント計画書作成(5.1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
では、スコープマネジメントを解説していきましょう。まずはスコープマネジメント計画書作成です。

以前、「スコープマネジメントは、「やるべきことをやる」「やるべきこと【だけ】やる」ために存在しています」と書きました。ここでは、やるべきことだけ実施するための、マネジメントを計画します。ポイントは、スコープの中身ではなく、それを取り扱うためのマネジメントを計画する、というところです。
このプロジェクトがどんなプロジェクトなのかを考えます。将来、いつ、スコープ変更が発生するか、いつ、詳細化が行われるかを予測します。また、将来、どの程度のスコープコントロールが必要かを、自分でデザインします。
そして、将来からの逆算で、「どんなスコープをいつ計画すべきか?」を決めます。具体的には、スコープ記述書、WBSを、いつ、どの程度、計画するか?ということを、計画する、ということです。こうして、スコープ「マネジメント」の5W2Hを計画していきます。
こうしたことを決めるためには、プロジェクトの大枠を決めたプロジェクト憲章があればそれを参照しますし、その時点でプロジェクト憲章が無い場合には、現在までにわかっているスコープ(プロダクトスコープ(欲しいものの仕様)とプロジェクトスコープ(為すべき事))を参照します。
実務では、スコープマネジメント計画書作成は、大幅に省略されています。大抵、社内手続として、ルールが定められているのです。しかし、従来とちょっと状況が違うプロジェクトなどの場合は、都度、自分で作る必要があります。

学習のポイント:
xxxxマネジメント計画書は、様々な知識エリアで作られます。マネジメントしたい対象を、どのようにハンドリングするか、を、計画したものです。
例えばスコープであれば、計画(スコープ記述書、WBS)とコントロール(計画からの乖離の測定と、変更)について、5W2Hで計画したもの、です。計画を計画するという視点がややこしいかもしれませんね。

学習のポイント:スコープマネジメント計画書の作成タイミングは、プロジェクト憲章が作成される前の可能性もあります。
また、スコープ記述書が作成される前までにはある程度のスコープマネジメント計画書が作成されているべきでしょう。コントロールが始まるキックオフミーティング後には、確固たるものが無いと、コントロールできなくなってしまいますので、その頃までには、ルールとしてチームに周知されていなければならないでしょう。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【まだ間に合う8月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
下記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html
★PMP(R)試験対策
2017年7月28日(金)-30日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
2017年8月5日(土)-6日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■解説:要求マネジメント計画書作成(5.1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スコープマネジメント計画書の説明に続き、次は要求マネジメント計画書です。

要求の取り扱いについて、5W2Hで計画します。具体的には、どんなタイミングで、誰が、どのようにとりまとめ、決定し、文書化するか、ということを定めていきます。要求収集と、要求文書の承認の維持のマネジメント計画です。

学習のポイント:
要求の取り扱いは、業種や専門性、仕事の方法によって、大分異なります。PMBOK(R)ガイドでは、要求マネジメントのプロセスは非常に少なく書かれていますが、要求マネジメントに100以上のプロセスを定義している専門領域もあります。
ガイドは、業界の違いを、各業界の共通部分だけ切り出しているため、要求については、扱いが小さいのです。

■編集後記:予習のための「ガイドの読み方」解説動画UPしました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
構築中の弊社eLearningサーバに、予習のための、ガイドと本の読み方の説明動画をアップロードしました。言うまでも無いことですが、最も効率良くトレーニングを受講するコツは、【予習】すること、です。全体と、わかっているところと、苦手なところを識別しておくだけで、トレーニングの受講効率は格段に高まります。
ガイドは確かに、読みにくい本です。600ページもあり、分厚さにウンザリします。でも、読んじゃいましょう!動画をご覧頂き、是非、ご意見ご質問をお寄せください。

弊社のコースでは、予習をお願いしていますが、別に細かい用語を理解しておいて欲しいわけではないのです。ざっくり全体を理解しておいて欲しいのです。

↓弊社eLearningサーバはこちらです(URLが変わりました)。
http://moodle.meridionalis.com/

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 374号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■8月9月合格のための書籍紹介■プロジェクトマネジメントの全体像を掴むための本と、本の読み方■編集後記:PMI会員になろう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170705
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■8月9月合格のための書籍紹介
■プロジェクトマネジメントの全体像を掴むための本と、本の読み方
■編集後記:PMI会員になろう!
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。問題集を含め、書籍を紹介していきます。今準備すると、8月〜9月には合格出来ます。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■8月9月合格のための書籍紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)合格に向けて、おおきくわけて、3種類の本を読む必要があります。
・プロジェクトマネジメントの全体像を掴む
・マネジメントの仕事を理解する
・誤りに気付くための練習問題と参考書

時系列では、まず、全体像から入ります。次に、マネジメントの仕事の理解を進めます。そして、練習問題と参考書、そして最後に再び、全体像に戻ります。

今日は、プロジェクトマネジメントの全体像を掴むための本を紹介したいと思います。

今日、準備を始めれば、8月合格もまだ間に合います!

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【まだ間に合う8月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
上記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html
★PMP(R)試験対策
2017年7月28日(金)-30日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
2017年8月5日(土)-6日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■プロジェクトマネジメントの全体像を掴むための本と、本の読み方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)を目指す時、なんども読むのは、PMBOK(R)ガイド、です。あわせて、本の読み方を説明します。

★プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOK(R)ガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)
→http://amzn.to/2sHrbCe
ガイドは、プロジェクトマネジメント知識体系の【ガイド】です。前号、前々号でも、ガイドについて少々触れていますが、とにかく、これを通読することが最優先です。
●ガイドの読み方(本の読み方)
本を読むときには、【全ページ、必ず、読む】ようにします。ガイドであれば、後ろのほうの付録や用語集まで、全て読みます。
3cm以上の厚さがあり、また、翻訳の都合で、非常に読みにくい本と感じる人が多いのですが、是非、好きになるまで読んで欲しいのです。そのためには、まず、全ページめくるところからはじめましょう(翻訳の課題については後述)。

いやだなぁと感じる時には、なんどもパラパラして、本を自分に馴染ませていきます(実際には、自分を本に馴染ませていくことなんだけど・・・)。これを行うと、抵抗がなくなり、心理的に読みやすくなります。

そして、通読します。普段、本を読まない多くの人(日本人の7割が、一ヶ月に0-1冊しか本を読まないそうです)にとってはガイド通読は抵抗を感じると思いますが、ばりばりと、全ての文字を通読します。最初は「頭に入れようとか整理しようとか理解しようとか思わずに」とにかく読みます。

このときのルールは、「決して戻らない」です。

さて、この読み方で、(普段より倍くらいの速度で)迅速に、一度、最後まで読み進んで下さい。すると、頭の中に、ぼんやりと、本の構造が残ります。
この状況で、同じようにもう一度迅速に読んでみましょう。「ちゃんと調べようと思わずに」読みます。一度目よりも、二度目のほうが、残るものがおおいはずです。
ここで確認してほしいのですが、2回、元に戻らず、考えず、とにかく、迅速に通読しました。では1回ゆっくり丁寧に読んだ状態と、どちらが「全体感」を掴んでいるでしょうか?実は、2回高速に読んだほうが、頭に入っているのです。逆にゆっくり読むとその瞬間は理解した気になっていますが、読み終わる頃には忘れてしまっています。そして全体感も薄くなってしまいます。

この、本を読む仕組みを、【速読】と呼びます。読書の生産性を高める方法です。

このような読み方を、最初に行うと良いでしょう。そして、35時間のセミナー受講の頃には、辞書のように使って行きます。言葉を細かくクロスで参照し、調べていきます。

●ガイドを解体する
ある程度学習が進んだら、ガイドは解体してしまうと、心理的障壁がさらに下がります。こちらのページに解体した写真を掲載しました。
https://goo.gl/4FVm4a
章ごとに分解してしまえば、持ち歩きにも便利です。今日は5章だけ持って会社に行こう!そんな感じになります。

★A Guide to the Project Management Body of Knowledge: PMBOK Guide
→http://amzn.to/2sHIGSN
こちらは英語版です。翻訳されたものを読むときには、かならず、原著も並行で読む必要があります。とはいえ、6480円(Kindleは6000円)出して買うほどか、というと、疑問があります。PMI会員になれば、PDFをダウンロードできるので、会員になって、ダウンロードしたほうが良いでしょう(会員になると、受験費用も安くなります!!)。

★世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント 第4版
→http://amzn.to/2tcTrjx
ガイド学習時、「誤解の少ない副読本」として役立ちます。一点だけ注意が必要なのは、フェーズという言葉が、ガイドと違う使い方というとことです。とはいえ、全体的に、ガイドの副読本としては最強でしょう。セミナー受講前までに通読しておくと良いでしょう。

★Project Management, Sixth Edition (Idiot’s Guides)
→http://amzn.to/2tclDCX
上記、世界一わかりやすい、の、英語版です。英語版は6版が最新です。こちらの英語版は、わりとスラスラ読めると思います。

さて、今回、英語版も紹介していますが、英語が苦手、嫌だ、という人も多いでしょう。私もその一人です。しかし、学習する場合に、【最初から英語で学習しても成果には大した違いは無い】【それどころか誤解が少なく、回り道が不要となる】可能性があります。

私は、英語力は中の下、くらいです。しかし、これまでに、いくつか、海外で、英語で行われるトレーニングに出席しています。何故それができるのか、というと、事前に予習してから行くのです。その英語圏の講師の出した本を、通読しておきます。そうすると、そのトレーニングで話している言葉は、殆どわかります。あたらしいことを学ぶ時には、翻訳されていない言葉のほうが、理解はスムーズです。誤解・誤訳は敵になります。最初から英語のみでの学習はより時間がかかってしまいますが、原著の併読は行うべきです。是非、日本語のイメージに惑わされないためにも、併読しましょう。

成果物という言葉は、日本語では誤解される余地があります。deliverablesであれば、誤解は少しだけ少なくなります。以前のガイドはdeliverablesを【要素成果物】と誤訳していましたが、第五版から、やっと改訂されました。それでもまだ、いくつか誤訳があります。「人間関係」という日本語訳に遭遇したら、英語版で原典を確認して欲しいです。

是非、英語の併読も挑戦してみてください。

■編集後記:PMI会員になろう!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ある資格を取る、ということは、その認定団体の考え方に賛同する、ということです。PMP(R)試験であれば、PMIに賛同するということになります。
PMIは会員制度によって成り立っている組織です。是非、PMI本部の会員になりましょう。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 372号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■合格者の声(Aさん)2■編集後記:ガイドの在庫がなくなってしまいました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170704
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■合格者の声(Aさん)2
■編集後記:ガイドの在庫がなくなってしまいました
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。合格報告が続いています。今回は、グループの勉強会を作り一発合格を果たしたAさんのケースの続編です。

合格パッケージで、フルコースで受講されています。
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■合格者の声(Aさん)2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
野村からAさんに返事をし、さらにお返事を頂きました。ポイントを拾っていきましょう。

前号(http://www.meridionalis.com/support/back/20170621.html http://smc-ls.jp/2017/06/■合格者の声(aさん)■編集後記:「思い立って/)では、学習時間について、【PMBOK(R)ガイド精読60時間、参考書学習28時間、関連書籍読書14時間】という報告をもらっていました。

—-8X—-8X—-
お返事ありがとうございました。
はい、参考書の比重は軽かったと思います。参考書(虎、安而さん、カブトムシ)を
買わなければよかったレベルです。自身の人生不適合コストの多さに気づきました。
分析→計画→実行が出来ていれば・・
—-8X—-8X—-

買わなければ良かったレベル、つまり、殆ど不要だったということなのだと思います。実際に、世の中で手に入る全ての問題を正解できるようになっても、なお、合格できない人も居ますから、練習問題はそれほど重要ではない面もあります。実際、世の中に出回っている問題と、実際の試験の問題は、かなり違います。

PMP(R)試験に向けて四択問題を解く意味は、「間違えたと気付いた時に学習する」仕組みを利用するため、です。漫然と解くのでは無く、一問一問、答え合わせをしながら、間違えたときにはしっかりと調べることが大切です。

私はかなり練習問題より読書をお勧めしていますが、それにしても、読書と参考書の時間比率が、74:28で合格というのはなかなか感慨深い数字です。

得られた教訓:参考書よりもガイド通読や読書

では、続きです。

—-8X—-8X—-
先ほど書き忘れましたが、ガイド読み+全プロセスのマインドマップ書き書き戦法を
実施しました。矢印で繋げたり色々、楽しかったです。
—-8X—-8X—-

マインドマップによる学習もお勧めです。ガイドを読み、頭の中に入った情報をそのままマップに【高速に】吐き出していきます。整理しようとせず、とにかく、吐き出します。マップの中心(セントラルイメージ)には、その時興味のあるキーワードを置きます。そこから、【思いつくままに、どんどん外側にキーワードを広げて】行きます。1枚4分くらいで吐き出し、次のキーワードで同様に吐き出していきます。
本来、プロジェクトマネジメントのキーワードは全て繋がっているため、一個のキーワードから、プロジェクトマネジメント全体のキーワードが書き出せるはずです(実際には、紙の面積という限界がありますが)。
何枚か書き出したら、マップを振り返ります。自分の苦手な知識エリアのキーワードは書き出せていないことに気付くでしょう。こんな方法で、自己との対話を進めます。

また、ある程度慣れてきたら、整理しながらマップにまとめるのも楽しいです。ガイドを読む→意識的に整理しながらMAP化する、というのも良い方法です。

—-8X—-8X—-
本はもっと読みたかったですが、今後は紹介して頂いた本を筆頭に、派生して色々読みたい
と思っています。実は本を読む抵抗がなくなり興味が出た点が、野村さんの所に行って
一番良かったと言っても過言ではありません(笑)
—-8X—-8X—-

確かに、私のコースでは、本の読み方、学習の方法の説明などには、かなり時間を割きます。この試験は、「単に知っているかどうか」を問う問題はあまり出題されず、「ガイドを前提として、次に何をするか?」「一般的なマネジメントを前提として、次に何をするか?」が問われるため、ガイドの精読や、一般的なマネジメント知識が必要とされます。そのため、ある程度の読書は必要となるのです。

さて、Aさんは、グループでの学習を行いました。4名の方と、勉強会グループを作り、ほぼ同じ時期に受験されています。グループ学習のメリットについても質問しました。

—-8X—-8X—-

Aです。
我々の体験を基に、グループ学習のメリットについて述べます。

・モチベーションの維持
人の性格にもよるが、全員合格という目標を掲げることでリタイヤ・延期
など考える事がまったく無く、一定のモチベーションを保つ事ができた。

・プレッシャーがある
モチベーションが高いので、1回くらい落ちてもいいや、という気にはならかった。
落ちたら恥ずかしいという緊張感が良かった。周囲に共通の知人がいる環境では、
周囲からの目も気になるので尚良し。

・知識の共有
時々、お題は特に決めず集まって、好きにPMPネタを会話する機会を設けた。
これにより、自分の考えが間違っていた、考える幅が広がった、等の効果が
思っていたより多くあり、結果多くの知識の共有になった事が良かった。

・なんか楽しい
年齢も経歴も近い人間同士だった為、特段コンフリクトもなく、時には
脱線しつつも飽きずに楽しく学習に励むことができた。
—-8X—-8X—-

PMI本部も、学習グループを作ることを推奨しています。モチベーションが上がり、プレッシャーも感じながら、コミュニケーションを増大させる効果があります。コミュニケーションの増大が知覚を増やし、学習効果の向上に繋がっているように感じられます。

皆さんも是非、同僚を巻き込み、グループでPMP(R)を目指しましょう。周囲にPMP(R)を目指す人が居ないのであれば、Facebookのグループなどを活用してみてください(とはいえグループは、既にPMP(R)ホルダーばかりになっていますが)。

Aさん、合格おめでとうございます!お疲れ様でした!秋からは、ちょっとかわったPDUs発行コース、やりますよっ!

さて、8月合格に向けて、学習を開始する人向けに、次号あたりから、書籍の紹介なども行いたいと思います。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【まだ間に合う8月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
上記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html
★PMP(R)試験対策
2017年7月28日(金)-30日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
2017年8月5日(土)-6日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:ガイドの在庫がなくなってしまいました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ガイドの在庫が無くなってしまいました。
取り急ぎ、amazonでお求め下さい。
→http://smc-ls.jp/2017/06/ガイド第五版日本語版の在庫が無くなりました/

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 371号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ガイド第五版日本語版の在庫が無くなりました

野村です。

PMBOK(R)ガイド第五版日本語版の在庫が無くなりました。第六版までまだ時間がありますので、また、仕入れようと思います。

お急ぎの方は、amazonさんからお求め下さい。

宜しくお願い致します。

■合格者の声(Fさん)(2)■編集後記:6月24日はPDUsも稼げる無料勉強会【羽鳥会】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170614
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■合格者の声(Fさん)(2)
■編集後記:6月24日はPDUsも稼げる無料勉強会【羽鳥会】
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。何かと不安の多いPMP(R)試験ですが、合格者の話には、「なるほど、こうやって合格するのか!」が詰まっています!楽に、さっさと、合格してしまいましょう!

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【まだ間に合う8月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
上記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html★PMP(R)試験対策
2017年6月16日(金)-18日(日)
2017年7月28日(金)-30日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
2017年7月1日(土)-2日(日)
2017年8月5日(土)-6日(日)
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■合格者の声(Fさん)(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
野村です。Fさんからの合格体験記の続きです。
Fさんは、セミナーになかなか出席出来ない地方都市にお住まいで、一度の失敗の後、弊社弱点発見模擬試験を受講され、受講後1ヶ月強で合格されました。

さて、合格の一報に対して、私からは次のようなメールを送りました。

—-8X—-8X—-
合格おめでとうございます!嬉しいです!いや、ほっとしました(つい昨日、ある人から、落ちた、という連絡もあったので)!

もしも、お時間がありましたら、
・野村の指導は適切だったか?効果的だったか?役に立ったことは?
・これまでにどんな学習をどのくらい行ったか?(何ヶ月、何時間、など)
・これから何を目指すのか?
・これから受験する人に対するメッセージ
など頂けると、大変助かります。
—-8X—-8X—-

Fさんからのお返事です。(皆さんもPMP(R)に合格したら、是非、上記項目を含む、合格体験記を送って下さい!)

—-8X—-8X—-
野村さま

お世話になりました。Fです。

全く自信がない状態で受験しましたので、本当に合格したのか、翻訳間違えでないのか
何度も結果シートを確認し、PMIのマイページでも確認した次第です。

先生の弱点の解析は、私にとっては刺さりました。だからこそ、凹みながらも頑張れた気がします。(野村注:弱点発見模擬試験での分析は、多少厳しめに書いています。)
参考にならないかもしれませんが、体験したことなどを記載いたします。

・野村の指導は適切だったか?効果的だったか?役に立ったことは?
⇒(F)
指導は適切でした。分析結果のうち、特にが「知識エリアについて」はPMBOK(R)GUIDE単位に
表記されており、分かり やすかったです。
弱点は自覚していた分野にくわえ、プロセス、フェーズ自体の理解不足、ご解釈していることが分かりました。
模擬試験は、見直しして分からい部分をたくさん質問したにもかかわらず、分かりやすい解説をしていただいたことは、本当に助けられました。
先生とのやりとりの中で、「この時、プロジェクトマネージャはどうする?」の試験問題を解答するにあたり、
直前、直後の行動を選択するという点が、試験に活かせたと思います。
私の場合、いつもその一つ先の行動を選択し間違えていましたので。
—-8X—-8X—-

野村コメント)弱点発見模擬試験は、PMBOK(R)ガイドと試験の定義書であるExamination Content Outlineの両面から問題を定義しています。PMP(R) Examination Content Outlineはちゃんと読む人が少ないです。お勧めしているのですが・・・。
★Examination Content Outlineはこちらから誰でも閲覧できます
→http://www.pmi.org/certifications/types/project-management-pmp

次に、直前直後、これは、説明が難しいのですが、マネジメントの考え方では、直前の状況にどう対応するか、あるいは、ある行動はどんな結果に繋がるか、という、瞬間、刹那を切り取る、という話ですね。【その先、先の先、あるいは、手前、そのまた手前を想像すると、この試験では、落ちてしまいます】。

実務でも、刹那を切り取って判断すること、中長期的に、根本原因に働きかけることを分けて考えなければなりません。前者がプロジェクトマネジメント、後者が組織のマネジメント、ですね。

—-8X—-8X—-
・これまでにどんな学習をどのくらい行ったか?(何ヶ月、何時間、など)
⇒(F)
2016年6月(1年前)に受験しよ うとエントリーしたところ、監査対象となり、監査は数週間でクリアしましたが、
モチベーションがあがあらず、9月に受験し不合格となりました。
—-8X—-8X—-

野村コメント)監査は面倒ですし、そもそもペースが乱れ、モチベーションが下がってしまいます。それほど高い確率で監査に遭うわけではありませんが、一応、心の準備をしておきましょう。

—-8X—-8X—-
当時は、問題集をひたすら問いて臨みましたが、全く問題の内容が違い、この先、何をどう勉強すれば良いので途方に暮れました。
—-8X—-8X—-

野村コメント)世の中に出回っている問題と、実際の試験は、常に異なります。実際の試験は、「既存の問題、ではない問題」が作られています。過去問の蓄積を無効化する仕組みだと思います(そもそも、過去問は、人に伝えてはならないのですが・・・)。

—-8X—-8X—-
1回目の受験までは、50時間以上はしたと思います。
「虎の巻」「パーフェクトマスター」を5回くらいやりました。情報処理試験なら、過去問ありますし、同じノリで勉強したのは失敗。
—-8X—-8X—-

野村コメント)50時間はちょっと足りないけど、勢いがあれば合格できてしまうくらいの時間となります。
さて、実際、問題集を何度も解いてしまう人が多いのです。問題集の問題と答えを覚えてしまい、理解が深まらない可能性があります。実際、3500問くらいの問題を解いて、ほぼ正答できるようになって、合格できない人という難しい状態になってしまった方も、過去にはいらっしゃいます。

—-8X—-8X—-
2回目の受験はなかなか腰が上がらず、幾つかシステム稼働もあって、ダラダラと本を眺める日々がありました。
—-8X—-8X—-

野村コメント)案外、これが良かったかもしれません。少しダラダラしながら、全体を俯瞰してみるのも手だと思います。

—-8X—-8X—-
2017年4月後半に腹をくくって、受験日6月4日をエントリー。そこから約1か月、再度勉強を始めました。
その前の数日は仕事の調整をしていていたのですが、夜間立ち合いもあって、焦りました。
平日は6時出勤、帰宅10時のような生活のため、土日集中で受験までのトータル50時間程度勉強したと思います。
(実は最初は、勉強時間の予実管理をしていたのですが、時間をたくさんすると、勉強した気分になるので、やめました)
パーフェクトマスターは内容が纏められていて読みやすいので、弱点部分を何度も読みました。
最後の一週間は、弱い知識エリアのITTOは、暗記しました。
暗記したことで、理屈が後からついてきた部分もあります。
—-8X—-8X—-

野村コメント)なるほど、こういう流れで5月上旬に、弱点発見模擬試験の課題に取り組んだのですね。
勉強時間の予実管理は、「どのくらい達成したか?」で進捗を管理すべきですが、達成度はなかなか測れないのです。そこが問題です。単に、100時間のうち80時間勉強した、300ページのうち240ページ達した、だけでは、試験勉強の進捗把握としては十分とは言えません。よし、計画通り240ページに達したから、今日は終わり!で、満足しちゃダメですよね。

—-8X—-8X—-
・これから何を目指すのか?
⇒(F)
上司からは、BABOKに行け!と言われました が、考え中です。

・これから受験する人に対するメッセージ
⇒(F)
あきらめない気持ちと、チャレンジする度胸。(すみません、完全に精神論です)
—-8X—-8X—-

野村コメント)BABOK、いいですね。プロジェクトマネジメントの広く浅い世界に対し、次は何か深掘りする世界に取り組むのも良いでしょう。

そして「あきらめず、チャレンジする度胸」というメッセージは、私もとても同意できます。私も一度落ちましたが、あきらめずに取り組むということが二度目の合格には必要だったと思います。また、二度目に受験したとき、「ああまただめか」と、思いましたが、挑む気持ちを強く持ちました。

—-8X—-8X—-
本当にお世話になりました。
実務では、配下に20人ほどメンバーを抱えており、毎日課題にまみれています。
今回の勉強は実務でも役立つと思いました。

出張の機会も多いので、いつの日か、ご挨拶できればと思ったりもしています。
ありがとうございました。
—-8X—-8X—-

Fさん、合格おめでとうございます!そして合格報告、ありがとうございました!お目にかかれる日を楽しみにしています。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:6月24日はPDUsも稼げる無料勉強会【羽鳥会】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実際にPMP(R)を取得した人達と交流してみませんか?
弊社では、PMP(R)向けとして、PDUsも稼げることがある無料勉強会を隔月で開催しています。今月は、24日を予定しています。これからPMP(R)を目指す方も大歓迎です。これまでは原則、私と一度会ったことがある方を対象としていましたが、今回、参加基準を少し緩くしようと思います。

6月24日の羽鳥会は、早稲田にかなりの人数が集まります。詳しいことは、今後、FBページに記載していきます。興味のある方は、本メールに返信する形で、野村宛にお問い合わせ下さい。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 368号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━