タグ別アーカイブ: PMBOK(R)ガイド

■嵐のような事業開発の仕事を終えました■PMP(R)試験対策は第六版対応完了!■編集後記:各種不具合解消中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20180510
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■嵐のような事業開発の仕事を終えました
■PMP(R)試験対策は第六版対応完了!
■編集後記:各種不具合解消中
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。やっと大きな仕事が終わりました。楽しく第六版対応実施中です(正直辛いですが)。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMBOK(R)ガイド在庫あります】
http://www.meridionalis.com/misc/guide6.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■嵐のような事業開発の仕事を終えました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年秋から、昔の仕事に復帰し、事業開発(顧客開発)のてこ入れを行ってきました。新たなプロダクト・サービスの開発という仕事でした。
この手の仕事のポイントは、「下手にWBSを作らない、納期も決めない」というところにあります。顧客に対する仮説検証を繰り返し、徹底的に変更をかけます。現在のガイド第六版では、アジャイルと呼ばれている仕事のスタイルです。

すべてを事前に予測して、というのが、ガイド4版あたりまでの常識でしたが、今は、経営とステークホルダーとプロジェクトの距離を近づけ、コミュニケーションを密にしながらの、変更駆動型のプロジェクトも、ガイドでは当たり前になってきています。

さて、冒頭、顧客開発という言葉を使いましたが、失敗しないための、プロダクトやサービス開発のための方法論で、スティーブブランク氏が提唱しました。
The Four Steps to the Epiphany: Successful Strategies for Products That Win / Steve Blank
https://amzn.to/2K8mR85

新製品開発、新サービス開発に携わる方、必携です!!今週日曜午後の羽鳥会と次回の読書会で扱います!
http://www.meridionalis.com/misc/benkyoukai.html

■PMP(R)試験対策は第六版対応完了!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ようやく一息ついて、4月から、第六版対応を急いでいます。まずは、4月末に、PMP(R)試験対策を一度開催しました。テキストのスライドが440枚を超え、大変なボリュームになっています。今回は、テキストを大きく修正しています。これまで以上に、英語と日本語の併記を増やしました(誤訳は相変わらず深刻です)。

それにしても、4年に一度のこのイベント、本当に大変です。毎回毎回、ガイドは分厚くなっています。皆さんも、バージョンが進む前に、若いうちに、さっさと合格してしまいましょう。

5月からは、定期的に開催します。その他のコースは5月中には改訂します。是非、ご参加下さい!

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第六版対応】
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:各種不具合解消中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一番慌ただしい時に、ドメインの移動など、色々行いました。その結果、様々な不具合が生じていました。フォームがおかしくなっていたようで、多くの方にご迷惑をおかけしました。本日、やっと解消されました!
他にもちらほら不具合がありましたが、集中的に修正しています。何か気付いた方、ご指摘下さい。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 376号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール 野村隆昌
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:080−5415−0860 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2018 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末金曜〜月曜、第六版対応のPMP(R)試験対策開催します!

大変お待たせ致しました。第六版対応の、PMP(R)試験対策(3日間)、開催します。

4年に一度のUPDATEなので、コンテンツも修正しています。現時点で、テキストは大幅増量の、440スライドを超えました。これ、3日で説明できるのでしょうか??練習問題と受験の資料を加えると、500スライドと40枚、です・・・・。少し補助資料を分割して切り出した方が良さそうですね。

遠隔学習のコンテンツも、作成に入ります。全コース対応は5月一杯かかりそうです。

さて、第六版試験の様子がちらちら聞こえてきています。第六版試験を受験された方、是非、ご一報下さい!特に、落ちてしまった方、一緒に対策を考えましょう!

Sparkler firework light alphabet number 6 isolated on black background.

 

 

 

 

 

 

まもなく6月までの予定を掲載します

野村です。全力で第六版対応を行っています。受講された方はご承知の通り、4コース、膨大なコンテンツですので少々時間がかかっています。

そろそろ夏頃までの講座以外の予定も見えてきましたので、PMP(R)試験対策系コースの予定などを掲載したいと思います。試験対策3日間コースは、4月最終週の開催を予定しています。GWの入り口、ですね。

WEBもかなり修正しなければなりませんが、今週末〜週明けを目処に作業予定です。

お急ぎの方は野村まで直接ご連絡ください!

 

2月23日PMP(R)を目指す方向け勉強会開催

野村です。お知らせです。

第五版での試験も残り一ヶ月となってきました。弊社では、徐々に第五版から第六版にコンテンツを移行しています。

3月の試験対策は、第五版・・・と、考えていましたが、それよりも勉強会を増やしたほうが良いのではないか、と、考えています。反応をみながら、無料勉強会を3月は開催したいと思います。

久しぶりに、今週金曜日、勉強会を開催します。質問事項、もっと深く知りたいことなどを、準備してください(EVMがよくわかならい・・・など、漠然とした質問でもOKです。なんでも解説します)。弊社以外の問題集などについても、解説致します。参加ご希望の方は、野村まで、メールで連絡下さい。

費用:無料

参加資格:第五版でPMP(R)に合格したい人ならどなたでもOK

場所:弊社セミナールーム(早稲田)

WEBにも掲載します。宜しくお願い致します。

第五版英語版も偽造防止印刷

野村です。ガイドの第六版切り替え記念に第五版も買い直してみたところ、なんと、英語版は偽造防止印刷になってました。気持ちはわかりますが、読みにくいのでやめてほしいですね。

そしてマイナーバージョンも英語版はすごく進んでました。

PMBOK(R)GUIDE第六版日本語版追加発注完了です

野村です。PMI本部に、PMBOK(R)ガイド第六版日本語版を追加発注しました。

今週後半には到着予定です。価格は据え置き(6800円+税)です。

WEBから注文できるようにしておきます。

宜しくお願い致します。

PMBOK(R)ガイド第六版試験に向けて

PMIから、第六版試験についての発表がありました。2018年3月26日から、PMBOK(R)ガイド第六版をreferenceとして利用した試験が始まります。

こちらに、全体の流れと、弊社の対応をまとめました。

第五版試験を受験される方も第六版読んだほうがオトクですよ!

 

PMP(R)試験のPMBOK(R)GUIDE第六版対応について

野村です。まもなくPMBOK(R)GUIDE第六版がリリースされます。PMI本部のサイトでは、第六版関連の情報が目に付くようになりました。

PMP(R)試験の第六版対応については、Coming Soon: PMP Exam Updateで確認できます。現在のところのアナウンスでは、


Just the Facts

  • The PMP exam is changing in the first quarter of 2018. The exact date of the examination change will be announced soon.
  • Anyone taking the exam prior to Q1 2018 will receive the current version of the exam that references the PMBOK Guide® – Fifth Edition.

ということですので、詳細はまだ不明ですが、おそらく来年の3月までは、現在の第五版での試験が行われると思います。

とはいえ、試験は急激には変わらないと予想しています。現在のExamination Content Outlineはそのまま使われるため、基本的なところは変わらないでしょう。

現在のバージョンでの受験は、年内〜年明けくらいを目指した方が良いと思います。弊社の試験対策のコンテンツも、2018年1月から、第六版に順次変更する予定です。

続報が入り次第、お知らせします。

■マネジメントの仕事を理解するための本■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170829
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■マネジメントの仕事を理解するための本
■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。まもなく怒濤の一ヶ月が終わります。でもまだ出張があと一回!

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■マネジメントの仕事を理解するための本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しばらく前の続き、書籍の紹介です。

PMP(R)試験で合格するにはどうしたら良いのでしょう?「世界中の他の合格者、出題者と同じような本を読む」という方法があります。過去のPMP(R)試験の定義書や実際の試験、ガイドの変遷などを振り替えると、うっすらと、【彼らがどんな本を読んでいるか】がわかります。

いきなり脱線ですが、PMP(R)試験の「定義書」は、あまり知られていないので紹介しましょう。PMI本部のサイトで誰でも閲覧可能です。PMP(R)を目指す方は必読です。現在は、「Project Management Professional(PMP)(R) Examination Content Outline」という文書です。ガイド更新とは2年ほどずれたタイミングでリリースされています。
https://www.pmi.org/-/media/pmi/documents/public/pdf/certifications/project-management-professional-exam-outline.pdf

これまでの歴史を振り返ると、次の著者の本は読むべきと考えます。
・ヘンリー・ミンツバーグ
・ピーター・ドラッカー
・エリヤフ・ゴールドラット

まずはミンツバーグです。PMP(R)に向けた問題集などで「マネジャーは一日の80%くらいをコミュニケーションに費やす」と紹介されますが、その調査を行った人がミンツバーグです(プロジェクトマネジャーに限定しているわけではありません)。
実際のマネジャー達は何をしているのか?という問いから、ミンツバーグ実際の活動を観察しています。
●マネジャーの仕事
http://amzn.to/2wP27zq

次に、ドラッカーです。以前のPMP(R)試験では、「プロフェッショナルの責任」という出題項目がありました。この考え方は、ドラッカーの「マネジメント」を背景としています。現在は出題されなくなりましたが、PMP(R)試験の背景として、今でもその精神が引き継がれている可能性があります。
「マネジメント」の翻訳は、3種類出版されていますが、一番メジャーな上田さんの翻訳をとりあえずお勧めします。
●ドラッカー名著集13-15 マネジメント[上・中・下]―課題、責任、実践
http://amzn.to/2iDBJCq
http://amzn.to/2wPb9Nd
http://amzn.to/2wPf9wY
・・・3冊買うと、大変な値段になります。中古で入手や図書館で買うという方法もあります。あるいは・・・
●Management: Tasks, Responsibilities, Practices
http://amzn.to/2iExKFE
英語版という方法もあります。英語は抵抗あるかもしれませんが、原著は誤解が少ないというメリットがあります。

ドラッカーの「マネジメント」は、エッセンシャル版ではなく、原著を是非お読み下さい。最初は図書館で借りるのがいいかもしれませんね。

そして最後にゴールドラット。イスラエルの物理学者ですが、制約条件の理論(TOC)で一躍有名になりました。そして、プロジェクトマネジメントの世界には、クリティカルチェーンで大きな貢献を果たしています。
まずは、制約条件の理論から行きましょう。
●ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
http://amzn.to/2iEH8sS
このamazonのページに出てくる本の画像の帯は、売らんが為に、「17年間翻訳が禁じられたいわくつきの一冊」とか書いてありますが、そんなことは気にせず、是非お読みいただきたいのです。
制約条件の理論がPMP(R)試験に直接出題されることはありませんが、考え方は、学ぶところが大きいです。
次に、PMBOK(R)ガイドにも収録されている、クリティカルチェーンを紹介しましょう。
●クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
http://amzn.to/2wFWXFD
納期を圧倒的に短縮する方法、クリティカルチェーンです。そして仕事がなぜ上手く進まないか?ということも、直感的に理解できる良書です。是非、読んでおきたい一冊です。

さて、ここまで、気軽に6冊ほど紹介しましたが、実際には、かなりのページ数となります。試験の定義書を作っている人達や、試験問題を作っている人達が、おそらく読んでいるであろう本を紹介しました。PMP(R)合格までに読み切れないかもしれませんが、チャンスがあれば、是非読んでみてください。

弊社の本棚の様子はこちら↓

ドラッカー、ミンツバーグ、ゴールドラット

※受講生向けに、本の読み方の動画をeLearningサイトに掲載しています。既存受講生で視聴を希望される方は、一言お声がけ下さい。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ギリギリ間に合う10月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
下記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMBOK(R)ガイド6版がPMIから来週発売されます。それにあわせ、PMP(R)ホルダー向けのガイド6版解説コースをすぐに実施します!集合形式とZOOMによる中継を予定しています。2〜3時間(PDUs)で差分を説明します。詳細は後ほどお知らせします。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 376号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━