カテゴリー別アーカイブ: Project Management

新コース:平日午後3.5時間×6回+予習教材で35時間の学習時間獲得!

野村です。お世話になります。新しいコース「PMP®試験対策6 3.5時間×6日版」を作りました。従来の入門自宅試験対策3日間をベースに+αしました。従来のコンテンツに、さらに合格を確実にするための、運営の工夫とノウハウを埋め込んだ、コースです。

いつかやってみよう、と、ずっと考えていました。ちゃんと予習しつつ、3.5時間ずつ、6回早稲田に通い、宿題も少々、なおかつ35時間を獲得できるコースです。合格パッケージを前提としていますので、完成編弱点発見も受講できます。

9月から、既存コンテンツをフルに活用しつつ、毎週火曜日午後に開催してみようと思います。まずは、やってみましょう。

このコースを作るにあたり、いくつかの仮説を準備し、何人かの人に意見を貰い、検証を行いました。また、今後、少しずつ、改善していこうと考えています。本コースについて、是非、ご意見ください。

メルマガには書きましたが、実はこのコース様々なメリットがあります。

メリット

  • 貴重な土日を潰さずに済む
    •  通常の試験対策は土日に開催しています。この資格を目指す人は多くの場合、家庭も抱えているはずで、家族の犠牲の上で資格を取るというのは、なかなか残酷なものがあります。なるべく土日は休むべきではないか?ということも、このコースの根本的なニーズの一つです。
  • 勤務時間内におさまる?
    • 半分くらいの人が、会社のために、この資格を取ります。であるならば、受験に必要な35時間も、勤務時間であるべきです。ならば、講義も、勤務時間におさまるようにしたい、と、考えています。
  • 午前中は仕事ができる
    • この資格を取る人は、ちゃんと余裕時間を管理できる立派なマネジャーであっても、それなりに忙しいはずです。多くの普通のマネジャーであれば、さらに時間に追われているでしょう。午前は色々な用事をこなして、午後から早稲田に来ていただく。そして、終わっても、まだ各方面に電話やメールで連絡ができるよう、さっさと終わらせようと思っています(拘束時間は概ね4時間を予定しています)。
  • 予習ができる
    • そもそも予習は、受講時のパフォーマンスを高めるために、必ず行うべきです(従来でも、ガイドの通読はお願いしています)。
    • 毎回、3.5時間しか講義を行いません。3.5時間に備えた予習であれば、誰でも取り組めると思います。連続3日21時間分の予習は、慣れていないと、なかなか難しいでしょう。
  • 記憶に残りやすい
    • 講義時間はたったの3.5時間です。途中に休憩も入ります。この仕組みで、記憶に残りやすくなります。連続で丸一日だと、朝やったことを、夕方には殆ど忘れてしまっています。
  • 復習し易い
    • 3.5時間分の復習は、楽です。翌週までに、毎日少しずつでも、復習とを行うと、短期記憶から長期記憶への変換ができます。
  • 学習のリズムが作れる
    • 毎週火曜は早稲田に行く、それだけでも、リズムが生まれます。3日連続受講だと、「終わった!」という気持ちにはなりますが、さあ、次の完成編まで復習しよう、と、ならない人が多いのが実情です。定期的な習い事と同じように、リズムによって、ちょっとずつでも学習しよう、復習しよう、という、意欲が湧いてきます。夏休みの宿題を溜めて、まとめてやっていたタイプの人には、是非検討して欲しいコースです。

デメリット

  • 6回通うのは時間とコストがかかる
    • 大変申し訳ないのですが、地方の方は事実上参加できないと思います。
  • 緊急事態などで欠席すると、その一コマはしばらく先になる
    • 土日ではないため、平日の割り込みの電話がかかってくる可能性は高く、また、事件によっては、すぐに会社に戻らなければならないかもしれません。参加出来ない一コマは、次回か、あるいは、補講によって、なんとかすることになります。初回は予備日を設けてみました。

さて、従来の試験対策も、今回の開催では、3.5時間の刻みを意識して、進めてみようと思います。従来の3日間の試験対策受講者も、こちらの6日間講座に参加頂くことができます。逆に、こちらの講座の受講者も、3日間の試験対策に参加できます。ある特定の日、特定のコマだけ、というのももちろんアリです。

弊社の従来の3日間のコースを受講された方は、おそらく、私の言っている意味がなんとなくわかると思います。元々、弊社の3日間の試験対策コースが、予習を前提とし、濃すぎる上に、長時間過ぎたのです(これまで出題されたことは全部説明する、というポリシーが、そもそも無理があったとも言える)。一端、少しそぎ落として、かつ、予習・復習を増やすことで、効率を高めよう、という方向性です。

これまでの、超集中3日と2日、だけでなく、約二ヶ月、淡々と学習を進め、合格する、というように、合格までの経路を増やしたいと思います。

皆様の参加をお待ちしています!

PMBOK(R)ガイド英語版を併用する理由

野村です。第六版によるPMP®試験に対する試験対策も数回実施し、PMBOK®ガイド(ぴんぼっくがいど)の細かいところのチェックも大分進んできました。

ガイドを使う上での注意

現在、多くの人が、ガイド第六版を利用し、試験に備えていると思います。PMP®試験の準備は、ガイドを利用するのが有益だから、です。しかし、日本語版だけ読むのはリスクがあると思います。

そもそも、PMP®試験では、ガイドの用語がそのまま出題されるわけではない、ということです。難易度を上げるために、元々の英語の問題から、言い換えが行われている事があります。そのため、ガイドの細かな用語については、「意味を理解しておく」ことが大切です。例えば、ステークホルダーマネジメント計画書とステークホルダーエンゲージメント計画書はほぼ同じ物ですが、それらがどういうものなのか、という理解のほうが用語の違いよりも遙かに大切です。ガイドの綺麗なインプット、アウトプット、プロセス名など、出題されない、と、考えていてもいいくらいです(これは極端、あるいは言い過ぎかもしれませんね。しかし、ガイドを暗記しているかどうか?という試験ではないです。本質の理解が重要です)。

次に、試験もガイドも、翻訳はとても苦労しているだろうけど、荒さが残っている、ということが上げられます。例えば、ガイドの「人間関係のスキル」という言葉、英語ではInterpersonal Skillsです。対人スキル、人間的なスキルとすべきですが、「人間関係」「の」「スキル」、になってしまっています。人と人との間にあるものに対するスキル、では、Interpersonalとは意味が違ってきてしまいます(流石にこれはそろそろ修正してほしい・・・)。他の例としては、「要求事項」があります。これは他の言葉もそうですが、英語版では「事項」という言葉は使われていません。要求と要求事項、他の例では、制約と制約条件では、意味が違ってきてしまいます。こうした違いも、小さな誤解に繋がっていきます。学習において足枷になってしまいます。

さらにガイドに限ってみれば、用語集や、索引が、非常に雑です(これは翻訳の問題だけでなく、編集方針や編集者に問題があるとも言えます)。索引で調べても、本文には無い・・・けど、英語版で細かく確認したら、本文の翻訳が違っていた、ということがあります。また、用語集では、ある特定の単語は、4版あたりから、翻訳されない酷い状態が続いています(かなり致命的で、誤解する可能性もあるレベル)。弊社の試験対策などでは、20くらいの誤訳について、いちいち説明していますが、ここでこれらを具体的に挙げていくことは、翻訳という大変で尊敬すべき活動を批判しているようにもとられないので、ここでは割愛すべきでしょう。講義では、凄く翻訳で苦労しただろうポイントについても説明しています

英語版を併用しよう

そもそも、英語で作られているものなので、可能であれば、英語で読むようにしてください。参考書や問題集も、本来は、Ritaなど、英語で取り組んだ方が良いでしょう。しかし、多くの人は、「英語なんて読みたく無い」でしょうし、場合によっては嫌悪感すら感じている人もいるでしょう(私も英語は大嫌いです)。多くの人は、最初から英語で読む必要はありません。日本語で学習して、必要に応じて、英語を参照する程度で良いと思います。

しかし、実際の試験では、ラフに作られている英語の問題が、さらに翻訳というフィルターを通した日本語の問題として、目の前に登場します。このような状況だと、少しでも違和感を感じたら、英語の問題を読むことになります。例えば「固定成果物」という言葉が出てきたら・・・。これ、日本語のイメージだと、なんとなく、装置が土台に据え付けられたように読み取れます。しかし、英語を読めば、「固定」ではない、ということがわかるのです。固定は完全に誤訳で、英語は違う意図で使われている言葉だったのです。

その時のために、ある程度英語で慣れておくべきなのです。弊社の試験対策のテキストでも、かなり、英語版を引用しています。単に、慣れる為です。

そして、ガイドの翻訳も微妙なことがあるので、やはり、英語版を読むべきです。しかし、紙で買う必要があるか・・・というと、それは不要でしょう。PMI会員であれば、各国語版のガイドのPDFをダウンロードできます。英語と日本語版をダウンロードして、日本語に違和感を感じるところだけ、英語で確認すれば良いでしょう。是非PMI会員になっていただき、各種PDFをダウンロードしてみてください。ガイド以外にも、アジャイルや、特定業界向けガイド拡張版、WBS,RISK,EVMなどの実践標準などのPDFもあります。オトクです。日々の学習にガイドのPDFを是非役立てて下さい(第六版のPDFは、とても制約が厳しく、また、度々更新されています。上手な使い方は、コースの中で説明しています)。

ガイドの翻訳の問題については、PMI本部にガイド品質向上のための意見として挙げれば良いのです(英語についてもかなりツッコミたいところはある)。かつて6版について意見を出したら、ガイドの後ろのほうに、私の名前も掲載されちゃいました。意見すれば誰でも掲載されると思います。

ところで、PMBOK®Guideを、弊社ではガイドと呼びます。アルファベット5文字で「ぴんぼっく」という言葉をWEB上などで単独で使用することは、弊社とPMIとの契約上、できません。ご了承下さい。

第六版時代のPMP(R)受験に必要な本

PMP(R)受験に必要な本

野村です。PMP(R)受験に必要な本のリンク集です。画像がリンクになっています。なお、PMBOK(R)ガイドは、弊社でも販売しています。また、皆さんお探しのRita本は、日本のamazonではまだ発売されていません。2018年7月6日追記:Rita本、日本のAmazonにもありました。Hさん、情報提供ありがとうございました。

世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント 第4版

ガイドを読むのは辛い・・・と感じる方、まずは、こちらを読んで、プロジェクトマネジメントの世界観を獲得してください。英語版も日本語版も、読みやすいとは言えない文体ですし、また、普段本を読んでいない人にとっては、量が多すぎると感じるかもしれません。プロジェクトマネジメントの全体像を把握してしまえば、ガイドを読むのが楽になると思います。(2018/07/06)

←amazonにリンクされています

PMP試験対策テキスト&問題集 PMBOK第6版対応版

Content Outlineに準拠していると思います。基礎力強化に役立ちます。

←amazonにリンクされています

PMP試験 要点解説×対策問題(PMBOK第6版対応版)

2018年7月26日追記:知識エリアごとに整理されています。

←amazonにリンクされています

PMP試験合格虎の巻 第6版対応

2018年7月26日追記:知識エリアごとに整理されています。基礎力強化に役立ちます。

←amazonにリンクされています

PMP®Exam Prep: Accelerated Learning to Pass the Project Management Professional (PMP®) Exam 9th Edition

Rita本と呼ばれています。参考書としても、問題集としても、最強・最高です。ワークブックとしても使えます。最新版は9版です。残念ながら英語版のみです。個人で購入するには少々お高いのと、試験までに全て読み切るのは困難かもしれないので、職場に一冊、という感じでしょうか。

←amazonにリンクされています

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOK® ガイド 第6版(日本語)

「ガイド」です(世間ではピンボック、と呼ばれていますが・・)。本書は、プロジェクトマネジメント知識体系を学ぶ者に対する、ガイドブックです。

←amazonにリンクされています

PMPパーフェクトマスター PMBOK第6版対応

2018年7月26日追記:持ち歩く参考書としてお勧めです!

←amazonにリンクされています

図解入門よくわかる 最新PMBOK第6版の基本

■嵐のような事業開発の仕事を終えました■PMP(R)試験対策は第六版対応完了!■編集後記:各種不具合解消中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20180510
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■嵐のような事業開発の仕事を終えました
■PMP(R)試験対策は第六版対応完了!
■編集後記:各種不具合解消中
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。やっと大きな仕事が終わりました。楽しく第六版対応実施中です(正直辛いですが)。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMBOK(R)ガイド在庫あります】
http://www.meridionalis.com/misc/guide6.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■嵐のような事業開発の仕事を終えました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年秋から、昔の仕事に復帰し、事業開発(顧客開発)のてこ入れを行ってきました。新たなプロダクト・サービスの開発という仕事でした。
この手の仕事のポイントは、「下手にWBSを作らない、納期も決めない」というところにあります。顧客に対する仮説検証を繰り返し、徹底的に変更をかけます。現在のガイド第六版では、アジャイルと呼ばれている仕事のスタイルです。

すべてを事前に予測して、というのが、ガイド4版あたりまでの常識でしたが、今は、経営とステークホルダーとプロジェクトの距離を近づけ、コミュニケーションを密にしながらの、変更駆動型のプロジェクトも、ガイドでは当たり前になってきています。

さて、冒頭、顧客開発という言葉を使いましたが、失敗しないための、プロダクトやサービス開発のための方法論で、スティーブブランク氏が提唱しました。
The Four Steps to the Epiphany: Successful Strategies for Products That Win / Steve Blank
https://amzn.to/2K8mR85

新製品開発、新サービス開発に携わる方、必携です!!今週日曜午後の羽鳥会と次回の読書会で扱います!
http://www.meridionalis.com/misc/benkyoukai.html

■PMP(R)試験対策は第六版対応完了!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ようやく一息ついて、4月から、第六版対応を急いでいます。まずは、4月末に、PMP(R)試験対策を一度開催しました。テキストのスライドが440枚を超え、大変なボリュームになっています。今回は、テキストを大きく修正しています。これまで以上に、英語と日本語の併記を増やしました(誤訳は相変わらず深刻です)。

それにしても、4年に一度のこのイベント、本当に大変です。毎回毎回、ガイドは分厚くなっています。皆さんも、バージョンが進む前に、若いうちに、さっさと合格してしまいましょう。

5月からは、定期的に開催します。その他のコースは5月中には改訂します。是非、ご参加下さい!

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第六版対応】
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:各種不具合解消中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一番慌ただしい時に、ドメインの移動など、色々行いました。その結果、様々な不具合が生じていました。フォームがおかしくなっていたようで、多くの方にご迷惑をおかけしました。本日、やっと解消されました!
他にもちらほら不具合がありましたが、集中的に修正しています。何か気付いた方、ご指摘下さい。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 376号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール 野村隆昌
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:080−5415−0860 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2018 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末金曜〜月曜、第六版対応のPMP(R)試験対策開催します!

大変お待たせ致しました。第六版対応の、PMP(R)試験対策(3日間)、開催します。

4年に一度のUPDATEなので、コンテンツも修正しています。現時点で、テキストは大幅増量の、440スライドを超えました。これ、3日で説明できるのでしょうか??練習問題と受験の資料を加えると、500スライドと40枚、です・・・・。少し補助資料を分割して切り出した方が良さそうですね。

遠隔学習のコンテンツも、作成に入ります。全コース対応は5月一杯かかりそうです。

さて、第六版試験の様子がちらちら聞こえてきています。第六版試験を受験された方、是非、ご一報下さい!特に、落ちてしまった方、一緒に対策を考えましょう!

Sparkler firework light alphabet number 6 isolated on black background.

 

 

 

 

 

 

第五版英語版も偽造防止印刷

野村です。ガイドの第六版切り替え記念に第五版も買い直してみたところ、なんと、英語版は偽造防止印刷になってました。気持ちはわかりますが、読みにくいのでやめてほしいですね。

そしてマイナーバージョンも英語版はすごく進んでました。

PMBOK(R)GUIDE第六版日本語版追加発注完了です

野村です。PMI本部に、PMBOK(R)ガイド第六版日本語版を追加発注しました。

今週後半には到着予定です。価格は据え置き(6800円+税)です。

WEBから注文できるようにしておきます。

宜しくお願い致します。

サーバ移行中です

こんにちは。野村です。現在、インターネット関連のサーバの設定を大幅に修正しています。そのため、メール、WEB(メインのWEB, ここ, eLearning)などが不安定になる可能性があります。また、問題に気付かない可能性もあります。

トラブルにお気づきの方は、080-5415-0860までお電話頂けると助かります。

宜しくお願い致します。