カテゴリー別アーカイブ: PDUs

記憶トレーニング開催します!

2月12日金曜日、久しぶりに記憶トレーニング(ビジネスパーソンのための記憶トレーニング-7)を開催します。

顧客の顔と名前を覚える、顧客との取引状況を覚える、プレゼンテーションの内容を覚える、ガイドの中身を覚える、資格試験のために無機質な数字を覚える、作業の生産性を覚える。記憶はリーダーに当然必要なスキルです。しかし、それ自体が大切だ、という人はあまりいません。どうしてでしょう?

「記憶(記憶する事(memory)と思い出すこと(recall))」は、長い間、それ自体、学問として捉えられていませんでした。かつては心理学の一領域として、人間の表面からのアプローチによる研究が行われていました。

近年、人間の内側からのアプローチによる研究、つまり医学ですが、脳の機能を細かく研究することと、様々な現象の確認により、急激に、進歩しました。

日本では語呂合わせのようなものが「記憶術」と誤解されています。記憶の技術は、科学的根拠のある、戦略、あるいは「戦術の組み合わせ」です。これを、記憶のトレーニングでは議論しながら、場面に応じた戦略を考えます。

人間は短時間に、何桁の数字を覚えることができると思われていたか・・・40年前は、せいぜい数百桁というところでした。しかし、今日では、60分あれば、誰でも300桁くらいは記憶し、思い出す事ができると思います。

弊社のPMP(R)試験対策では、合理的な方法で、10分くらいで、50桁の数字を覚える、というのをやっていますが、脱落する人は一人も居ません(これ、試験に凄く役立つはずです)。

記憶時間1時間、思い出す時間2時間というルールで競った結果がこちらです。3000桁超えていますね・・・・

http://www.world-memory-statistics.com/discipline.php?id=num60

 

リーダーのための記憶のトレーニング-7

久々に記憶のコースをやります!少しパワーアップしています!

人間の持つ力の一つに「記憶」があります。記憶は、人間の入出力の中核的な機能です。しかし、つい最近まで、記憶についての研究は為されていませんでした。

弊社のPMP(R)試験対策のコースでも、知識エリアxプロセス群の10×5のマトリクスを数分で覚える、というのを行っています。短時間に、効果的に記憶が出来ると、その時間を、他に有意義に使うことができます。

本トレーニングでは、「記憶の原理」と「記憶の方法」をきちんと学びます。それも、様々な方法と、その組み合わせ技術を学びます。

PMP(R)試験前の受講も極めて効果的です。また、再受講料金の設定により、複数回の受講のハードルが低く設定しています(PMP(R)試験前に一度受講し、合格後に受講すれば、合格後は、資格維持のPDUsとして使えます。

本コースでは、覚えにくいリストなどを是非ご持参下さい。その対象に対して、どのように覚えるか、戦略を考えます。この戦略を考えることこそが重要なのです。

また、単に自分の為では無く、後輩や家族にも、是非、伝授してみてください。

50桁の数字を数分で覚え、実際に、使う事が出来る・・・かなり便利です。え、そんなの何の役に立つのかって?ガイドのプロセスを全て思い出す事に繋がるのです。

2016年3月までの予定を掲載しました!

野村です。あっという間に年末です。

2016年3月までの、PMP(R)試験対策系講座と、PDUs発行系講座の予定を掲載しました。いよいよ、事業開発系のコースを開始したいと思います。戦略のカテゴリーで、PDUsを発行できます。

とはいえ、まだ、未定な部分がありますので、詳細はしばらくお待ち下さい。

 

PMP(R)試験対策講座の年内の予定を公開しました!

大変遅くなりました。2015年12月までのPMP(R)試験対策系講座の予定を決めました。無論、かなり先の日程もあるため、変更の可能性もありますが、年内は、3ヶ月に2回、試験対策系コース2つを淡々と開催していこうと思っています。

空けた月には、PDUs発行系コースを開催しようと思います。特に、顧客開発や戦略実行関連のコースをいよいよ公開講座で開催しようと思います。

レゴ、リスクのコースなどもお問い合わせを頂いています。ブラッシュアップが必要なので、4月ではなく、7月頃開催しようかと思います。

それでは、宜しくお願い致します。

http://www.meridionalis.com/misc/schedule.html

慌ただしかった、11月、12月・・・

11月は、いつも通りの毎週仙台出張、札幌と東京での「入門レゴ」2開催、東京での「問題解決マインドマップ」、12月は「羽鳥会忘年会」、「PMP(R)試験対策」と、激しい日々が続きました。

ちょっと疲れていましたが、復活しました。今週末は、年内最後のPMP(R)試験対策完成編、です。若干の空席が出そうです。ガイドを熟読し、ご参加下さい!

あ、ガイド、在庫あります!年内発送は、19日、26日を予定しています。年末ですのでお早めにご連絡下さい。

・・・それにしても、次々、機器の調子が悪くなります。ついにルンバも、聞いたことの無いエラーを発するようになりました。一台じゃ部屋が広すぎて疲れちゃったのかもしれません。

実践プロジェクトマネジメント入門@札幌(DEOSさん)

札幌で、実践プロジェクトマネジメント入門を開催しました!お集まり頂いた皆様、ありがとうございました。また、アンケートでは「強くオススメ」を全員から頂けたようで、ちょっと嬉しいです。

今回、特に「プロジェクトを観る目」「着眼点を持つ」ということに力を入れました。まず観ること、変化を捉えることが出来ないと、その先の「マネジメント」は出来ないのです。いつも「自分は観ているか?」を、考えなければ・・・いや、これは難しいことですよね。

さて、来週は東京で開催します!皆さんの参加、お待ちしています!

2014-11-05 15.05.47

2014-11-06 13.16.15 2014-11-05 23.14.32

なぜマインドマップなのか?

ビジネスの世界では、きちっとしたアウトプットが求められます。きちんと整理されていて、見栄えの良い、誤解されない文書が必要です。マインドマップではちょっと・・・と、思われるのは、当然です。あたりまえですが、私も、マインドマップをアウトプットにするようなことはしません。

私は、マインドマップは、「思考の生産性を高める」ために使います。最終アウトプットは、組織のルールに従います。

次の点で、マネジャーは、マインドマップを駆使すべきです。

  • 自己認識
  • 課題の解決に、新たなアイデアが必要
  • そもそもの問題をより深く探らなければならない
  • 顧客の真のニーズを探る
  • ヌケモレの無い要求定義
  • 新結合(イノベーション)
  • パートナー、チャネル、などステークホルダーエンゲージメント、カスタマーリレーションの構築
  • 課題のチーム内での共通認識の構築

いずれも当たり前の事で、日々努力しているに違いないことばかりです。できる範囲では、既に、何か工夫しているはずです。しかし、もし、あと一歩踏み出せるとしたら、どうでしょう?マインドマップは、こうした課題に、実に効果的です。

それも、個人のワークと全体ディスカッションの繰り返しで、迅速に課題を乗り越えることができるようになります。つまり、みんなで使うツールだ、ということでもあるのです。

これまで、「ビジネスで使えるマインドマップ」というコースと、1日に100枚のマインドマップを描くMindMap Bootcampを開催してきました。そこから得られたフィードバックにより、新しいコースを構築しました。問題解決のためのマインドマップ(MindMap for Business 2)です。圧倒的なスピードで、ディスカッションにより、問題を発見・解決していきましょう!もちろん、TLI(ThinkBuzan Licensed Instructor)として、Mapの書き方からちゃんと指導します。

思考をバーストしていきましょう!!

年内のスケジュールを大幅改訂しました!

野村です。

さて、遅くなりましたが、年内のスケジュールを大幅改訂しました。

PMP(R)試験対策系のコースの日程が大きく変わりましたので、ご注意下さい。

また、新たに、ビジネスモデル(BMC、VPC)&顧客開発モデルのコースを、提供します(PDUs発行)。本コースは既に何度か大阪などでプロトタイピングを実施しており、毎回大きくPIVOTしています。コース開発自体が、デザイン思考で推進されてきています。もしかすると、連続した2回で1コースになるかもしれません。

PMBOK(R)ガイドの考えと、プロトタイピング、デザイン思考の考えは、【全く矛盾しません】。但し、旧式のつまらないプロジェクトマネジメントは、相当否定されなければなりません。

この二年間、顧客開発による徹底的なサービス開発、顧客開発に取り組んできました。その成果を、そろそろ展開していこうと思います。

記憶トレーニング【2014年10月6日札幌7PDUs】

記憶は、人間の行動の基礎です。冷蔵庫を開けに行けるのも、会社に辿り着けるのも、タイ語の1〜10が発音できるのも、PMBOK(R)ガイドのプロセスを全部思い出す事ができるのも、「記憶」という仕組みがあるからなのです。

この記憶の仕組みは、残念な事に、つい最近まで(おそらく30年程前まで)、全く解っていませんでした。記憶それ自体が研究されていなかったのです。ところが最近は、脳の仕組みの研究が進み、かなり、意図的に記憶することができるようになってきています。近年では、記憶力世界選手権と呼ばれる世界大会(日本では、記憶力日本選手権)も開かれています(記憶をスポーツとして扱っています!!)。

私の「記憶トレーニング」は、その世界選手権の審査委員及び、発起人からの直伝になります。日々、彼らとコンタクトしつつ、技術をブラッシュアップしています(Facebookに居るので、多分だれでもコンタクトできると思いますが・・・)。

このコースは、いわゆる、語呂合わせやバカ暗記ではありません。色々なものを対象に、どう覚えるか?という戦略を作る事が出来ます。この戦略を作るためにはある程度のトレーニングが必要です。

このコースでは、【新しいシステム】も開発されています。システムというのは、使いやすい記憶の仕組みのようなものです。例えば20桁の数字を覚えるときに、Link SystemやMajor Systemを使いますが、Major Systemについて、日本語版の楽なシステムが、コースの間に編み出されてしまいました。現在は、アプリまで開発されています。

最近では、顔と名前をどう覚えるか?などで熱い議論になります。もちろん、ランダムワード30個、数字30桁くらいなら、3分くらいで、記憶できるようになります。短時間で必要なことを、きちんと、記憶することを目標にしています。

このコースに参加される際は、是非、【覚えたいモノのリスト】をご持参ください。例えば、試験勉強などで、どうしても、無機質なリストを覚えたい、ということでしたら、それをご持参ください。これまで、殆どのケース、どうやって覚えるか、を、参加者同士で議論しながら決める事が出来ています。外国語系でも可能です。是非、挑戦してみてください。

記憶の機能、それは、車を留めた場所というような小さな事から、仕事上重要なリストや語学習得まで、いろいろなところで役立てる事が出来ます。思考の生産性を高める基礎です。是非、挑戦してみてください。お待ちしています。

次回は札幌です。11月頃、また、東京でも開催します。東京では、再受講は¥3000円+税となっております。再受講も大歓迎です。宜しくお願い致します。

(札幌での開催は、お申し込みは、弊社経由ではなく、こちらからになります。先ずはお問い合わせください。)

【顧客開発モデル】かりん式Major Systemアプリ、iOS版リリース!

日本語で育った人のための、画期的な記憶のシステム、かりん式Major Systemが、iPhoneアプリになりました!

弊社の記憶トレーニングを受講されたお二人、かりんさんとMegumi Uedaさんの合作です。

元々Major Systemは、数字2桁を1つのイメージに変換するテーブルを頭の中に構築しておき、数字→イメージ→ストーリーという方法でMemoryし、Recallするときにはストーリー→イメージ→数字というように逆変換するのですが、日本語では、10×10のテーブルが「使いにくい」のです。あかさたなはまやらわ、を、二軸に使うことは誰でも思いつくのですが、実際にこれで作ると、全く不便です。脳が混乱します。8は「や行」とか、非常に使いにくいのです。

かりん式は、より覚えやすく実際に使えるSystemです。とはいえ、かりん式の10×10のテーブルを脳内に作るには若干のトレーニングが必要です。

Training用Applicationが欲しいなぁ、と、つぶやいていたら、Megumi Uedaさんが、開発着手してくれました!

このApplication開発は、顧客開発モデルにより実施されています。最小限の機能(MVP)、prototyping、PIVOTを繰り返しながら成長していくはずです。納期も機能も定義せず、実際に使って貰う事を優先した開発です。現在、無料で公開されています。

使ってみると、色々思うところがあると思います。是非、ご意見頂ければと思います。現時点で、私は、

  • かりん式は面白いが、動詞が混ざっていたりぴんとこない単語も含まれている
  • テーブルを自分で作る機能が欲しい
  • Trainingは、制限時間とか成績の記録とか、モチベーションを刺激する要素があってもいいんじゃないか

と、感じています。しかし、こんな要望はとりあえずおいといて、極力ミニマムな機能で開発を進めて欲しい。なにしろ、わがままをいちいち聞いていたら、どんどん機能が増大していきます。MVPで行きましょう。なにより、こうして公開されたこと、実際にダウンロードし、使った人が居ることが大切なのです。

次の【記憶トレーニング】は、10月、札幌で開催予定です!お申し込みお問い合わせはこちらにお願いします!東京では、11月頃開催予定(調整中)です。