カテゴリー別アーカイブ: PDUs

タレントトライアングルに対応したPMP(R)資格維持のためのPDUs獲得について

野村です。

そろそろ、新しいPDUsの獲得方法を気にする人が増えてきました。現在は移行期間中ですが、2017年12月1日以降は、新しい方法に完全に切り替わります。そろそろ意識していく必要があります。

皆さんの権利に関することでもありますので、CCRハンドブックを必ず確認しましょう。

さて、まずは、PMI本部のサイトにログインし、自分のダッシュボードに入りましょう(こちら)。最初に、自分がどのくらいPDUsを獲得しているか、確認してください。

 

 

 

 

このサンプルの人は、私自身なのですが、現在、0、ゼロ、です。更新まで残り891日、だそうです。さて、その期間内に、合計60PDUs獲得しなければなりませんが、大きく分けて、2つの方法でPDUsを獲得していきます。

一つは、Education、もう一つは、Giving Backです。Educationは最低35PDUs、Giving Backは最大25PDUsという制限があります。

また、Educationにおいて、Technical, Leadership, Strategic&Business(T, L, S&B)は、それぞれ最低8PDUsずつ獲得しなければなりません。

また、自己学習(読書など)は最大30PDUs、Giving BackにおけるWorking as a Professional(Work as a Practitioner)は最大15PDUsまでという制限があります。

EducationとGiving Backは、それぞれ、次のような活動を含んでいます。例えば弊社の無料勉強会「羽鳥会」でプレゼンテーションを行うことは、Create Content、Give a Presentation、Share Knowledgeなどに該当する可能性があります。

実務経験は、Work as a Practitionerに加算できます。

読書は、EducationのReadに該当しますね。実際、様々な方法でPDUsは獲得できますが、最大の問題は、T, L, S&B、それぞれ8PDUsの獲得、です。

T, L, S&Bは、たとえば読書などでは、自分で判断して、それぞれの単位数を決めなければなりません。

これはタレントトライアングルからの引用です。リーダーシップ、人間的スキルのコースは世の中に結構ありますが、S&Bは、自分に合うコースを探すのは大変かもしれません(弊社では、顧客開発のコースや、ビジネスモデルのコースなどが該当します。そろそろオープンコース化します)。

 

これまでのPDUs獲得に比べて、かなり事前に8PDUsずつ獲得していくようにしなければならなくなりました。直前に慌ててS&Bを8PDUs獲得しようとしても、コース探しが大変だと思います。

さらに遠方から受講するのは、日程調整や旅費問題なども含めてかなり大変です。やはり、いつでも受講できる、eLearning教材が必要になってきていますね・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZOOMの導入は簡単です

野村です。こんにちは。今日は、PMP(R)試験対策の日です。テスト的にZOOMによる中継と録画を行っています。さて、簡単にZOOMの導入方法を説明します。


会議通知が届きます。URLをクリックすると、最初にこんな画面が開かれます。いきなりアプリケーションのインストールが始まってしまいます。会社のルールなどでインストールが出来ない方は、スマートフォンなどにインストールしましょう。スマートフォンでも割と十分に視聴できます。


さて、インストールします。


 

インストールが終わると、アプリが起動します。

周囲の環境に注意しながら、音声参加してください。


 

プレゼンテーションが共有されます。ZOOMは共有側が、単一のアプリだけを共有して表示させることができます。


参加者、チャット、動画などを表示することができます。サイズは変えることができます。


ホワイトボードも、まぁまぁ解読できます。


ということで、割と便利ですので、是非使ってみてください!チャットだけでなく、音声での質問も簡単にできます!(挙手する機能とかもあります)録画も可能で、録画した動画は、サーバに置いておこうと思います。復習に使って下さい。

試験対策の他、いくつかのコースで使って行きたいと思います。

4月からは、遠隔受講のコース申込を正式に開始します!

【速報】実践プロジェクトマネジメント入門2017開催決定

野村です。まだWEBを作っていませんが、実践プロジェクトマネジメント入門2017年バージョンの開催が決定しました。

4月15日、16日、です。合格パッケージの方は、無料受講可能です。

14時間分の学習時間証明及びPDUsを発行します。是非、ご参加下さい!

8月は試験対策系コースはお休みです

予定を立てるのがなかなか難しく、8月のPMP(R)試験対策系コースはお休みです。しかし、合格パッケージに対応している、二足歩行ロボットを作る「実践プロジェクトマネジメント」を予定しています。学習時間及びPDUsを発行致します。
PMP(R)の方でPDUsが足りない方、また、学習時間が必要な方、是非、ご参加下さい!

明日は久しぶりに羽鳥会です

野村です。

明日は、弊社受講生向けの、ほぼ無料の(PDUsが稼げるかもしれない)相互勉強会、「羽鳥会」です。ここ最近休止していたので、久しぶりの開催です。5月から、隔月で開催していきます。今回のテーマは、「事業(Business)」です。

プロジェクトマネジメントの一つの潮流に、プロジェクトマネジメントが事業マネジメントに近づいている、という流れがあります。その結果、プロジェクトマネジメント側も、幅広い知識と経験が必要となってきています。

20代、30代のうちから、是非、事業に興味を持ちましょう。

私も最近は、すっかり事業開発側の仕事をしています。

羽鳥会の参加条件は、野村に会ったことのある人、です。PDUsも無料で稼げますので、是非、ご参加下さい。場所は弊社セミナールームです。気になる方は、こちらにメールでお問い合わせ下さい。

記憶トレーニング開催します!

2月12日金曜日、久しぶりに記憶トレーニング(ビジネスパーソンのための記憶トレーニング-7)を開催します。

顧客の顔と名前を覚える、顧客との取引状況を覚える、プレゼンテーションの内容を覚える、ガイドの中身を覚える、資格試験のために無機質な数字を覚える、作業の生産性を覚える。記憶はリーダーに当然必要なスキルです。しかし、それ自体が大切だ、という人はあまりいません。どうしてでしょう?

「記憶(記憶する事(memory)と思い出すこと(recall))」は、長い間、それ自体、学問として捉えられていませんでした。かつては心理学の一領域として、人間の表面からのアプローチによる研究が行われていました。

近年、人間の内側からのアプローチによる研究、つまり医学ですが、脳の機能を細かく研究することと、様々な現象の確認により、急激に、進歩しました。

日本では語呂合わせのようなものが「記憶術」と誤解されています。記憶の技術は、科学的根拠のある、戦略、あるいは「戦術の組み合わせ」です。これを、記憶のトレーニングでは議論しながら、場面に応じた戦略を考えます。

人間は短時間に、何桁の数字を覚えることができると思われていたか・・・40年前は、せいぜい数百桁というところでした。しかし、今日では、60分あれば、誰でも300桁くらいは記憶し、思い出す事ができると思います。

弊社のPMP(R)試験対策では、合理的な方法で、10分くらいで、50桁の数字を覚える、というのをやっていますが、脱落する人は一人も居ません(これ、試験に凄く役立つはずです)。

記憶時間1時間、思い出す時間2時間というルールで競った結果がこちらです。3000桁超えていますね・・・・

http://www.world-memory-statistics.com/discipline.php?id=num60

 

リーダーのための記憶のトレーニング-7

久々に記憶のコースをやります!少しパワーアップしています!

人間の持つ力の一つに「記憶」があります。記憶は、人間の入出力の中核的な機能です。しかし、つい最近まで、記憶についての研究は為されていませんでした。

弊社のPMP(R)試験対策のコースでも、知識エリアxプロセス群の10×5のマトリクスを数分で覚える、というのを行っています。短時間に、効果的に記憶が出来ると、その時間を、他に有意義に使うことができます。

本トレーニングでは、「記憶の原理」と「記憶の方法」をきちんと学びます。それも、様々な方法と、その組み合わせ技術を学びます。

PMP(R)試験前の受講も極めて効果的です。また、再受講料金の設定により、複数回の受講のハードルが低く設定しています(PMP(R)試験前に一度受講し、合格後に受講すれば、合格後は、資格維持のPDUsとして使えます。

本コースでは、覚えにくいリストなどを是非ご持参下さい。その対象に対して、どのように覚えるか、戦略を考えます。この戦略を考えることこそが重要なのです。

また、単に自分の為では無く、後輩や家族にも、是非、伝授してみてください。

50桁の数字を数分で覚え、実際に、使う事が出来る・・・かなり便利です。え、そんなの何の役に立つのかって?ガイドのプロセスを全て思い出す事に繋がるのです。

2016年3月までの予定を掲載しました!

野村です。あっという間に年末です。

2016年3月までの、PMP(R)試験対策系講座と、PDUs発行系講座の予定を掲載しました。いよいよ、事業開発系のコースを開始したいと思います。戦略のカテゴリーで、PDUsを発行できます。

とはいえ、まだ、未定な部分がありますので、詳細はしばらくお待ち下さい。