月別アーカイブ: 2017年8月

■マネジメントの仕事を理解するための本■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170829
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■マネジメントの仕事を理解するための本
■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。まもなく怒濤の一ヶ月が終わります。でもまだ出張があと一回!

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■マネジメントの仕事を理解するための本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しばらく前の続き、書籍の紹介です。

PMP(R)試験で合格するにはどうしたら良いのでしょう?「世界中の他の合格者、出題者と同じような本を読む」という方法があります。過去のPMP(R)試験の定義書や実際の試験、ガイドの変遷などを振り替えると、うっすらと、【彼らがどんな本を読んでいるか】がわかります。

いきなり脱線ですが、PMP(R)試験の「定義書」は、あまり知られていないので紹介しましょう。PMI本部のサイトで誰でも閲覧可能です。PMP(R)を目指す方は必読です。現在は、「Project Management Professional(PMP)(R) Examination Content Outline」という文書です。ガイド更新とは2年ほどずれたタイミングでリリースされています。
https://www.pmi.org/-/media/pmi/documents/public/pdf/certifications/project-management-professional-exam-outline.pdf

これまでの歴史を振り返ると、次の著者の本は読むべきと考えます。
・ヘンリー・ミンツバーグ
・ピーター・ドラッカー
・エリヤフ・ゴールドラット

まずはミンツバーグです。PMP(R)に向けた問題集などで「マネジャーは一日の80%くらいをコミュニケーションに費やす」と紹介されますが、その調査を行った人がミンツバーグです(プロジェクトマネジャーに限定しているわけではありません)。
実際のマネジャー達は何をしているのか?という問いから、ミンツバーグ実際の活動を観察しています。
●マネジャーの仕事
http://amzn.to/2wP27zq

次に、ドラッカーです。以前のPMP(R)試験では、「プロフェッショナルの責任」という出題項目がありました。この考え方は、ドラッカーの「マネジメント」を背景としています。現在は出題されなくなりましたが、PMP(R)試験の背景として、今でもその精神が引き継がれている可能性があります。
「マネジメント」の翻訳は、3種類出版されていますが、一番メジャーな上田さんの翻訳をとりあえずお勧めします。
●ドラッカー名著集13-15 マネジメント[上・中・下]―課題、責任、実践
http://amzn.to/2iDBJCq
http://amzn.to/2wPb9Nd
http://amzn.to/2wPf9wY
・・・3冊買うと、大変な値段になります。中古で入手や図書館で買うという方法もあります。あるいは・・・
●Management: Tasks, Responsibilities, Practices
http://amzn.to/2iExKFE
英語版という方法もあります。英語は抵抗あるかもしれませんが、原著は誤解が少ないというメリットがあります。

ドラッカーの「マネジメント」は、エッセンシャル版ではなく、原著を是非お読み下さい。最初は図書館で借りるのがいいかもしれませんね。

そして最後にゴールドラット。イスラエルの物理学者ですが、制約条件の理論(TOC)で一躍有名になりました。そして、プロジェクトマネジメントの世界には、クリティカルチェーンで大きな貢献を果たしています。
まずは、制約条件の理論から行きましょう。
●ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
http://amzn.to/2iEH8sS
このamazonのページに出てくる本の画像の帯は、売らんが為に、「17年間翻訳が禁じられたいわくつきの一冊」とか書いてありますが、そんなことは気にせず、是非お読みいただきたいのです。
制約条件の理論がPMP(R)試験に直接出題されることはありませんが、考え方は、学ぶところが大きいです。
次に、PMBOK(R)ガイドにも収録されている、クリティカルチェーンを紹介しましょう。
●クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
http://amzn.to/2wFWXFD
納期を圧倒的に短縮する方法、クリティカルチェーンです。そして仕事がなぜ上手く進まないか?ということも、直感的に理解できる良書です。是非、読んでおきたい一冊です。

さて、ここまで、気軽に6冊ほど紹介しましたが、実際には、かなりのページ数となります。試験の定義書を作っている人達や、試験問題を作っている人達が、おそらく読んでいるであろう本を紹介しました。PMP(R)合格までに読み切れないかもしれませんが、チャンスがあれば、是非読んでみてください。

弊社の本棚の様子はこちら↓

ドラッカー、ミンツバーグ、ゴールドラット

※受講生向けに、本の読み方の動画をeLearningサイトに掲載しています。既存受講生で視聴を希望される方は、一言お声がけ下さい。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ギリギリ間に合う10月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
下記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:PMBOK(R)ガイド6版解説を緊急実施予定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMBOK(R)ガイド6版がPMIから来週発売されます。それにあわせ、PMP(R)ホルダー向けのガイド6版解説コースをすぐに実施します!集合形式とZOOMによる中継を予定しています。2〜3時間(PDUs)で差分を説明します。詳細は後ほどお知らせします。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 376号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

PayPal側の問題でした

野村です。

先日からPayPalでのお支払いで画面が遷移しない問題が生じていましたが、概ね解決し、現在最終テストを行っています。PayPal側の問題でした。言語設定や文字コードの扱いが、PayPal側で何か変わったことが原因です。私にとっては、初のPayPalの障害です。

「恐れ入りますが、本件は弊社PayPalでのシステム不具合であり、至急弊社プロダクトチームに確認及び対応していただいている最中でございますが。弊社システムの不具合により、皆様には大変ご不便とご迷惑おかけして誠に申し訳ございません。」

それにしても

至急弊社プロダクトチームに確認及び対応していただいている最中でございますが

この日本語は凄いですね。ツッコミどころ満載です。

 

32本の動画を登録しました!

野村です。

試験対策のライブ収録動画を、32本、elearningサーバにUPしました。

試験対策の予習復習に、是非、お使いください。近い将来、もう少しちゃんと収録・編集して、独立したeLearningコースにしたいと思います。取り急ぎ、試験対策受講者は閲覧できるようにしますので、お声がけ下さい。

それにしても、動画編集は、CPUも自分もパワーが必要ですね。HDD,SSDと心の容量も必要です。約一ヶ月かかってしまいました。。。。段々生産性を上げたいと思います。

それでは、宜しくお願い致します。

問い合わせは野村まで!

■eLearning教材、鋭意作成中!■編集後記:一社向け8日間のコース実施中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20170810
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■eLearning教材、鋭意作成中!
■編集後記:一社向け8日間のコース実施中
有限会社システムマネジメントアンドコントロール
http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村です。今週は台風と出張でバタバタしています。七夕が終わり、ちょっと落ち着いた感じの仙台に滞在しています。今月は毎週仙台に出張です。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■eLearning教材、鋭意作成中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊社の考え方は「質疑応答の時間こそが合格に繋がる」と考え、【対面・少人数開催】をベースに考えてきました。しかし、異なる考え方を持つ人達がいます。
たとえば、「大抵の事は自分でなんとかしてみたい」という人達です。do it yourselfを好むのです。実は私自身がそうなのです。
とはいえ、自分自身のPMP(R)受験時は、対面のコースを受講しました。そこから色々考えた結果、対面の、一般的な集合教育が必要という結論に達し、14年間、それを維持してきました。

今年、色々考えた結果、紆余曲折はありましたが、「大抵の事は自分でなんとかしてみたい」人向けのeLearningコースを作ることにしました。自分の考えを変更した理由は、2つです。

1つは、【どれだけ苦労しても、短期間で合格したい】という人のケアです。やはり、短期間は魅力です。無論、トータルの学習時間は変わらないか、下手をすれば回り道になります。ある程度覚悟してもらえれば、回り道を最小限にしたコースは提供できるように思っています。

もう1つは、【遠隔地からの受講は高コスト】という課題です。弊社合格パッケージは距離別料金をそもそも定めています。しかし、それでも、例えば鳥取県からの受講は、大金が必要です。数回東京に来ないと合格出来ない、ということだと、やはり、やたらと高く付くことになるわけです。

このあたりのニーズから、eLearningを作ります。
高い効率で学習できる仕組みにしますが、しかし、「楽」ではないです。普通に受講したほうが楽でしょう。

9月には開講します。35時間、フルにeLearningで受講できるようにしましょう。では、現在考えている具体的スペックです。

●憲章、スコープ記述書、計画書作成演習
●試験対策解説動画
●練習問題400問
●模擬試験200問
●小テストによる達成度評価(合格しないと35時間の学習証明は出ません)
●ZOOMによる音声チャットによる質疑応答(毎週2時間)
●3ヶ月の繰り返し受講
当面試行錯誤しながらになりますが、コースとして成立させようと思います。

前回の試験対策では、(一部欠損がありましたが・・・)コース全体を収録できました。
↓収録についてはこちら!

収録中

試験対策を受講された方には、なるべくはやく、録画を閲覧可能にします。お手数ですが、eLearningサーバへのユーザー登録と、私への一報をお願いします。
↓eLearningサーバ(試行錯誤中)
http://moodle.meridionalis.com

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【まだ間に合う10月合格!】
★プロジェクトマネジメント入門自宅学習
随時受付!メールで完了できます。
下記2コース受講前の予習に最適です。
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_introduction_athome.html
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep.html
★PMP(R)試験対策完成編
http://www.meridionalis.com/exam-prep/pmp_prep_gestalt.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:一社向け8日間のコース実施中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月下旬から、怒濤のコース開発&運営です。ちょうど今日は折り返しですが、8日間のコースを開発し運営しています。

8日間、プロジェクトマネジメントを盛り込んだ、エンジニア向けの特定事業向けのコンピテンシー開発です。歌って踊れるエンジニアを育成しようという試みです。非常に幅広い内容を含みます。

このコースは、ある事業についてのプロセスを分解し、必要なコンピテンシーを仮説ベースで定義し、コンピテンシーモデルを修正しながら、コースを作りながら運営しています。その結果、Integrity、ビジネスモデル、シナリオプランニング、広義のリスクマネジメント、ライティング、リーダーシップ、コミュニケーション、認知などの内容も含んでいます。

そんな中、今日は、プロジェクトマネジメントを講義します。そして、残り3日間は、かなりスペシャルな内容になる予定です。

・・・って、これから作るのですが(笑)。

受講者は、この8日間の後、技術トレーニングへと進みます。技術の前に、様々な、学ぶべき事があるのです。

ではまた次号。

本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 375号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール
system management and control, limited
PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:03-5292-2185 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement
twitter:http://twitter.com/systemmanagemen

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2017 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。

  • These denitions are taken from the Glossary of Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge, (PMBOK(R) Guide) – Fifth Edition, Project Management Institute Inc., 2013.

PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━