月別アーカイブ: 2016年5月

初めての方も是非!6/10に読書会を開催します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは。野村です。

これまで隔月で、2つの読書会を開催してきました。6月10日19時、早稲田で開催する読書会は、改めて「読書会ってなに?」から議論したいと思います。

これまでの読書会は「ハードな本も読む」「実践する」「年に100冊は読む」を目指してきました。今回は改めて本と自分の関係について議論したいのです。

今回の課題図書は「般若心経秘鍵」ですが、読んでこなくても参加できます(おそらく書籍について語り合う時間は短い)。

行ってみよう!という方、野村にメールで申し込むか、フォームから連絡ください。皆様のご参加、お待ちしています。

企業家と起業家について

PMP(R)試験対策で軽く話題になりましたので、説明し直しましょう。

Entrepreneur=起業家、これはちょっとした誤訳です。企業家であるべきです。

起こす、だけだと、それは、スタートアップ(会社や仕事を立ち上げるだけ)の仕事ということになります。もちろん、Entrepreneurは会社や事業を起こすこと「も」します。しかし、事業戦略を次々に実施すること「も」、Entrepreneurの仕事です。次々に事業を企てる、だから、起業家ではなく、企業家であるべきなのです。概念的には、起業は、企業の一部、と、考えて構わないと思います。

企業全体は、常に、環境に適用していくために、事業を変化させていきます。毎日、事業を企てることを考えます。これは、全ての企業において同様で、基本的な取り組みと言って良いものです。

そのような人に付随する「在り方」、これが、Entrepreneurshipです。企業に属するのであれば、全員が、企業家でなければならず、Entrepreneurshipを帯びているべきです。

Entrepreneurshipは、起業家精神と誤訳されています。正しくは企業家の在り方、だと思います。精神だと、範囲が狭すぎます。ロジック、プロセスや方法論、プラクティス、経験、持論、なども含めて、「在り方」です。

プロジェクトマネジメントに携わる人は、少なからず、この企業の企てに関わっています。企ての最前線と言っても過言では無いでしょう。そして、どうせなら、もっと企てる側を知り、積極的に関わるべきです。

ところで、この話題と近いキーワードがまだあります。Enterpriseです。どちらのキーワードも、どうやら元はフランス語、さらに語源はラテン語なんですよね、きっと。

明日の完成編からコンテンツは新試験対応です!

野村です。PMP(R)試験対策完成編、明日から、コンテンツが、2016年1月からの新試験に完全対応となります。じわじわとvolumeが増えて、テキストは、なんと148スライドに・・・。

それでも、今まで通り、演習などもやっていきたいと思います。では、明日、お目にかかるのを楽しみにしています。宜しくお願い致します。

野村です。プロトタイピングを繰り返し続けていてなかなか公開講座を開かない事業開発系コース、またもや新しいコースを切り出します。

今回の切り出しは徹底的に既存ビジネスを観る!です。また、いよいよ、全体像を示します!

 

imageimage 続きを読む

静電気ではりつく付箋

MagneticNotes

弊社では割とおなじみ「静電気ふせん」、在庫切れたので、探してみたら、似たようなものがアマゾンにありました!(従来はドイツから輸入)

一時、ダイソーにあるという噂でしたが、最寄りの店舗では残念ながら・・・・。

と、いうことで、明日から本番投入です!

PMP(R)試験対策完成編、5月からコンテンツが変わります!

こんにちは。有限会社システムマネジメントアンドコントロール、野村です。弊社のPMP(R)試験対策完成編のテキストが、バージョンアップされました。

このバージョンアップにより、全ての講座が、2016年1月の新試験に完全対応となりました。

さて、2016年1月からの新しいPMP(R)試験ですが、これは、2015年のPMP(R) Content Outline改定に伴うものです。このContent Outlineは、PMP(R)試験の定義書であり、PMBOK(R)ガイドとは異なる枠組みでプロジェクトマネジメントを定義しています。例えば、プロセス群とプロセス、ではなく、ドメインとタスク、だったりします。

今回の改定では、項目がかなり増えました。主に、ステークホルダーマネジメント関連の改定です。また、全てのドメインに影響する、Cross-Cutting Knowledge and Skillsも大幅に増えました。試験自体がすぐに大幅に変わる、ということはありませんが、将来、さらに広い範囲から出題される可能性がある、ということになります。

・・・それにしても、現在のバージョンと、それ以前の2つの定義書を比較すると、どんどん範囲が拡がっています。ガイドもそうですが、だんだん学習量が多くなっていくのは辛いですね・・・。

スクリーンショット 2016-05-19 23.28.24

PMBOK(R)ガイド第五版日本語版、発注しました

野村です。

在庫が切れていた、PMBOK(R)ガイド、PMI本部に発注しました。到着までしばらくお待ち下さい。為替リスク、在庫リスクなどから、価格は変更になりますが、予約申込をまもなく開始します。こちらからになります。PMP(R)を目指す方、ガイドの精読が、合格への秘訣です。是非、ガイドを読みましょう(できるだけ英語版と併読してくださいね)。

PMP(R)を目指すかどうか迷っている人は、まず、ガイドを読んでみるのが良いと思いますが、ちょっと読みにくいな、と、思う場合は、こちらから入るほうが抵抗が少ないでしょう。原著も翻訳も秀逸です。

スクリーンショット 2016-05-15 19.13.49

明日は久しぶりに羽鳥会です

野村です。

明日は、弊社受講生向けの、ほぼ無料の(PDUsが稼げるかもしれない)相互勉強会、「羽鳥会」です。ここ最近休止していたので、久しぶりの開催です。5月から、隔月で開催していきます。今回のテーマは、「事業(Business)」です。

プロジェクトマネジメントの一つの潮流に、プロジェクトマネジメントが事業マネジメントに近づいている、という流れがあります。その結果、プロジェクトマネジメント側も、幅広い知識と経験が必要となってきています。

20代、30代のうちから、是非、事業に興味を持ちましょう。

私も最近は、すっかり事業開発側の仕事をしています。

羽鳥会の参加条件は、野村に会ったことのある人、です。PDUsも無料で稼げますので、是非、ご参加下さい。場所は弊社セミナールームです。気になる方は、こちらにメールでお問い合わせ下さい。

PMBOK(R)ガイド第五版日本語版の在庫が無くなりました

野村です。現在、PMBOK(R) GUIDE第五版日本語版の在庫が無くなりました。米国本部から仕入れていますので、到着まで少々時間がかかります。

前回は、PMIのキャンペーン価格での販売ができましたが、今回は残念ながら前回のような価格では販売できないと思います。

お急ぎの方は、Amazonでお買い求め下さい。少しお待ち頂ける方向けには、まもなく予約販売を開始します。宜しくお願い致します。